ダイエットにも効果大の抹茶に注目…本格的に茶道を習わなくても抹茶を楽しむほんぢ園「カジュアル抹茶」セットが人気

カジュアル抹茶
2012年3月12日(月) 12時30分
カジュアル抹茶
カジュアル抹茶
ほんぢ園
ほんぢ園

 脂肪や糖の吸収を抑制し、ダイエット効果も高いといわれる緑茶。中でも、茶葉そのものを粉末にした抹茶は、脂溶性の有効成分ビタミンAとビタミンEを摂ることができる。

 ただ、抹茶に興味があっても、実際に習いに行くのは億劫だとか、費用が高くかかりそうだとかで、茶道を習うことに躊躇する人もかなりいるようだ。

 そこで、茶道具販売のほんぢ園では、一昨年8月に販売を開始した「初心者向け本格派お試しセット」をはじめとする「カジュアル抹茶」セットの販売を企画。2010年8月の販売開始以来、人気を博し、今年2月で累計3000セットを突破した。

 「カジュアル抹茶」は、抹茶茶わんや抹茶を入れる専用容器の棗(なつめ)、茶巾など、そのまま習い事の復習に使えるセットから、小さな茶筅と茶杓と抹茶だけをセットし、自宅のお気に入りのマグカップで抹茶を味わえるよう、アイテムを限界まで絞ったセットなど、バラエティに富んだセットが用意されている。「抹茶に興味はあるけれど、茶道を習うのはハードルが高い」と敬遠する人が多い中、こういったカジュアルなスタイルが人気の理由だろう。

 お茶は収穫する前に覆いをかぶせることで、渋味成分であるカテキンの生成が抑えられ、旨味成分であるテアニンが増加する。抹茶はこのようにして旨味を引き出した茶葉を蒸し、茶臼で挽いて粉末状にしたもの。このため抹茶を飲むと、煎茶として飲むときには抽出されないビタミン類や食物繊維、クロロフィルなどの栄養分を摂取することができる。

 旨味成分のテアニンには、リラックス効果や集中力を高める効果があるとされている。また抹茶はカフェインも含んでいるため、覚醒作用や利尿作用もあり、身体にたいへんよい飲み物といえる。

 ほんぢ園は4000点以上の茶道具を取り扱う創業80年以上の老舗。紹介したようなカジュアルに抹茶を楽しむセットから、本格的に茶道を習う人のための高級な道具など、価格帯も商品も多種多様にわたって取り揃えている。

 特に春は、部活動などで茶道を始める人も多い。茶道を始めたばかりでどんなものを揃えればいいかわからない人や、最初はあまり費用をかけずにお稽古を始めたという人のには、懐紙入れや袱紗、扇子の入ったものもあるので、この機会に、ティータイムとして抹茶を飲む習慣を加えてみてはいかがでしょう。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事