日本から欧州へ…シャトレーゼ海外1号店が本日10月5日オープン

シャトレーゼ
2012年10月5日(金) 14時00分
シャトレーゼ
シャトレーゼ

 スイーツ専門店「シャトレーゼ」を展開するシャトレーゼホールディングスは10月5日、オランダに海外第1号店となる「シャトレーゼ ベスタープレイン ティルブルフ店」をオープンする。

 同社は4月に、オランダの菓子メーカー「メートル・ポール社」の株式100%を取得。欧州での海外展開の足がかりとしてオランダでの開店に向けて準備を進めていた。

 オランダでの出店を決定した理由について同社は、少子高齢化による日本の洋菓子市場の縮小を受け、新たな市場獲得や、「シャトレーゼ」を世界で通用するブランドに育てるため、などと発表している。

 取り扱う商品は、日本の約半分の約150商品で、1~3ユーロの低中価格帯で提供し、オランダの伝統ケーキ「トンプース」なども販売予定。店舗数は年内に3店舗、来年中に20店舗の拡大を予定しており、3年後の2015年にメートル・ポール社の売上を、現在の37億円から100億円とすることを目指しているという。

《浦和 武蔵》

関連記事