食卓のマストアイテム“インスタントスープ”、高支持率のポイントは「具」と「栄養」

インスタントスープの利用目的
2013年9月26日(木) 08時00分 提供元: RBB TODAY
インスタントスープの利用目的
インスタントスープの利用目的
「素材のチカラ」シリーズ全体の満足度
「素材のチカラ」シリーズ全体の満足度
インスタントスープ「素材のチカラ」シリーズ
インスタントスープ「素材のチカラ」シリーズ

 東洋水産は24日、「主婦のインスタントスープに関する調査」の結果を発表した。調査期間は6月19日~25日で、「1週間に4回以上料理をしている」27歳~58歳の女性107名に、同社のインスタントスープ「素材のチカラ」シリーズ6商品を送付後、回答を得た。

■お料理主婦の99%がインスタントスープを活用

 まず料理をする主婦たちに「インスタントスープの使用」の有無について聞くと、1人を除く106人(99%)が「使用することがある」と回答した。「利用の目的」を聞くと、多かったのは「手軽におかずを1品増やせるから」が84%、以下「簡単だから」(82%)、「短時間でできるから」(78%)といった項目が上位となった。

 また「インスタントスープの使用頻度」を聞くと、「1週間に1度以上のペースで使用」という人は、朝食では48%と、およそ半数になり、「昼食」(45%)、「夕食」(23%)での度合いを上回った。間食においても、「1週間に1度以上のペース」という人が13%、夜食においても8%存在し、幅広いシーンで利用されていることが伺える。

 次に「インスタントスープを選ぶ基準」を聞くと、「スープの味」(95%)が最多で、「具の味」(67%)が次点、上位2項目にはやはり「味」に関する項目が並んだ。以降は「価格」(62%)、「カロリー」(37%)、「メーカー」(32%)が続いた。「現在使っているインスタントスープの満足度」について聞いたところ、87%が「満足」あるいは「どちらかと言えば満足」と回答しており、おおむね現在使用中のインスタントスープに満足していた。しかし一方で、「現在使っているインスタントスープに不満な点はありますか?」とたずねると、75%が「ある」とも回答している。

 具体的な「不満に感じている点」をあげてもらうと、最多は「具の量」(56%)。以下、「塩分量」(30%)、「価格」(23%)、「栄養」(21%)といった回答が続いた。2位と4位が「栄養」に関する項目だが、具についても、最多の量だけではなく、5位「具の味」(20%)、6位「具の香り」(19%)があげられており、インスタントスープには、「具」と「栄養」という課題が残っていることが判明した。

■ポイントは“具材”、購入意向率は97%

 東洋水産の「素材のチカラ」シリーズは、栄養成分を保つために、変性が起こりにくいフリーズドライ製法を採用。低温下で乾燥させることにより、こだわりの素材の味や栄養成分を活かしているという。今回の調査では、「素材のチカラ」シリーズを実際に食べてもらった上で、いくつかの質問を実施。まず、シリーズ全体的な満足度を100点満点で採点した結果、満点の「100点」と答えた人は、22%にのぼり、「90点以上」の回答をした人も77%と8割近くを占め、全体の平均点は「91.3点」となっている。アレンジのしやすさ、さっぱり系の味わいが支持され、「今後の購入意向」でも、97%が「今後、自身でも購入したい」と回答したとのこと。

 東洋水産では今回、同社のインスタントスープ「素材のチカラ」シリーズのリニューアルを実施。新パッケージにて展開を進めていく予定だ。

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事