【社員食堂レポ】スクウェア・エニックスの社食体験ツアーに参加!

スクウェア・エニックスの社食体験ツアーの様子
2013年10月30日(水) 17時37分
スクウェア・エニックスの社食体験ツアーの様子
スクウェア・エニックスの社食体験ツアーの様子
左から「Bowl」、「Plate Lunch」、「Cafe」、「Noodle」コーナーが設けられていた
左から「Bowl」、「Plate Lunch」、「Cafe」、「Noodle」コーナーが設けられていた
「Cafe」コーナーではドリンクやお菓子、焼き立てパン、お弁当なども購入できた
「Cafe」コーナーではドリンクやお菓子、焼き立てパン、お弁当なども購入できた
「Cafe」コーナーのメニュー。品目が豊富でリーズナブル
「Cafe」コーナーのメニュー。品目が豊富でリーズナブル
左側の「Cafe」コーナーでは、海外で販売されている缶入りのドリンクなども用意
左側の「Cafe」コーナーでは、海外で販売されている缶入りのドリンクなども用意
「Cafe」コーナーで販売されていた焼き立てパン(あんこギッフェリ)
「Cafe」コーナーで販売されていた焼き立てパン(あんこギッフェリ)
「Plate Lunch」コーナーで、食べたい品目を選んでいる様子
「Plate Lunch」コーナーで、食べたい品目を選んでいる様子
ハロウィン限定のスペシャルプレートメニューとして「かぼちゃのグラタン」を注文できた
ハロウィン限定のスペシャルプレートメニューとして「かぼちゃのグラタン」を注文できた
「Plate Lunch」コーナーのメイン料理。お魚料理か、お肉料理を選べた
「Plate Lunch」コーナーのメイン料理。お魚料理か、お肉料理を選べた
管理栄養士のおすすめ“本日の低カロリーセレクト”メニュー。カロリーは657kcalで、価格は500円
管理栄養士のおすすめ“本日の低カロリーセレクト”メニュー。カロリーは657kcalで、価格は500円
スクエニ社員食堂のメニューボード。ウィークリーメニューのほか、限定メニューも紹介
スクエニ社員食堂のメニューボード。ウィークリーメニューのほか、限定メニューも紹介
「Plate Lunch」でお肉料理をメインにセレクトした例
「Plate Lunch」でお肉料理をメインにセレクトした例
「Bowl」コーナーで提供されていたメニュー(カレーライス)
「Bowl」コーナーで提供されていたメニュー(カレーライス)
「Noodle」コーナーで提供されていたメニュー(函館焼き味噌ラーメン)
「Noodle」コーナーで提供されていたメニュー(函館焼き味噌ラーメン)
「キャララテ」(価格:150円)。ラテアートの絵柄は、もちろんスクエニのゲームキャラ
「キャララテ」(価格:150円)。ラテアートの絵柄は、もちろんスクエニのゲームキャラ
ハロウィン限定スイーツ「おばけのシュークリーム」
ハロウィン限定スイーツ「おばけのシュークリーム」
スクエニの社員食堂は300席あり、“ラウンジ”の愛称で親しまれているという
スクエニの社員食堂は300席あり、“ラウンジ”の愛称で親しまれているという
さまざまなゲーム機が取り揃えられた「ゲームコーナー」
さまざまなゲーム機が取り揃えられた「ゲームコーナー」
景色を見ながら、コーヒーなどを飲んで休憩するスペースとしても利用されているようだ
景色を見ながら、コーヒーなどを飲んで休憩するスペースとしても利用されているようだ
スクエニのゲーム作品に関連したキャラクターグッズなどが展示されているディスプレイコーナー
スクエニのゲーム作品に関連したキャラクターグッズなどが展示されているディスプレイコーナー
スクエニの社員スタッフがレゴを組み合わせてつくっているものも展示されていた
スクエニの社員スタッフがレゴを組み合わせてつくっているものも展示されていた
社員食堂スタッフと、スクエニ広報室室長の弓削氏(中央右)
社員食堂スタッフと、スクエニ広報室室長の弓削氏(中央右)
スクエニの会議室。『ファイナルファンタジー』の“チョコボ“がテーマになっていた
スクエニの会議室。『ファイナルファンタジー』の“チョコボ“がテーマになっていた
『ドラゴンクエスト』に登場するモンスター“スライム”をモチーフにしたスクエニの会議室
『ドラゴンクエスト』に登場するモンスター“スライム”をモチーフにしたスクエニの会議室
スクエニのオリジナルグッズを販売するショップ「ARTNIA」の外観
スクエニのオリジナルグッズを販売するショップ「ARTNIA」の外観

 本日10月30日、都内にて、『スクウェア・エニックス 社食ツアー』が行われた。

 同イベントは、ECサイト「LUXA」を運営する株式会社ルクサによるプレゼント企画「LUXA 憧れの社員食堂ツアープレゼント」第6弾として実施されたもの。

 同企画は、民間企業の社員食堂メニューを食べることができる催しで、ECサイト「LUXA」の会員を対象に、応募者の中から抽選で当選した10名から20名のみが参加可能な限定イベント。

 これまでに5回、国内企業の社員食堂ツアーが行われており、第1弾は日本マイクロソフト、第2弾はバンダイ、第3弾はポーラ、第4弾は学研ホールディングス、第5弾は日本ヒューレット・パッカードだった。

 今回の社員食堂ツアー先となったのは、ゲームメーカーのスクウェア・エニックス(以下、スクエニ)本社の社員食堂。オープンキッチンで調理・提供されていたのは、プレートランチ(メイン・サブ・ライス・スープを数種類の中からセレクト)、ヌードル(麺類)、ボール(丼ものなど)の3ジャンルで、基本は3メニューだが、時期によってメニュー数が異なるようだ。

 プレートランチの価格は500円で、管理栄養士おすすめの“低カロリーセレクト”メニューも用意。料理の品目とともに、カロリーや脂質、炭水化物などの量が記載されており、社員スタッフの健康管理を重視する姿勢がみえる。

 もっとも注目したいのは、いわゆる“定食メニュー”の提供と同時に、コンビニとカフェをセットにしたようなスタイルで軽食やドリンクなどを販売しているところ。

 オープンキッチンスペースの右側に「カフェ」コーナーがあり、サンドイッチやお弁当、焼き立てのパン、お菓子類など、すぐに食べられる商品のほか、外国人スタッフ向けに海外で販売されている缶入りドリンクも購入できたりと、“食事と休憩に最適なラウンジ”といえそうだ。

 このほか、スクエニで制作されているゲーム作品のグッズなどが展示されたディスプレイコーナーや、各種ゲームをプレイできるゾーンもあり、社員スタッフの交流スペースとしても活用されているという。

 なお、今回のプレゼント企画に応募したルクサ会員数は5,040名で、このうち当選したのは10名。当選者たちは、スクエニの社員食堂で社員スタッフと会話しながら社食メニューを食べたり、スクエニの社員スタッフたちが利用しているミーティングルームの見学や、スクエニのオフィシャルショップ「ARTNIA(アルトニア)」で限定グッズを購入できた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事