栄養価チェックに最適な“栄養価計算機能”をWebサービスとしてリリース

「d-bice」に実装されている栄養価計算機能のトップ画面
2013年10月31日(木) 09時00分
「d-bice」に実装されている栄養価計算機能のトップ画面
「d-bice」に実装されている栄養価計算機能のトップ画面
栄養価計算結果
栄養価計算結果

 YAMATOメディアソリューションは、食と栄養に関するインテリジェントなニュートリエント・ナレッジサービス「d-bice(ディバイス)」に実装されている栄養価計算機能のみを別立てとしたフロントエンドサービスを10月28日にリリースした。

 同サービスは、献立作成時の栄養価計算や食材単体での栄養価チェックなどに利用でき、計算結果はPDF出力することが可能。登録食材数は2,500個以上である。

 同サービスでは、摂取したい栄養価や含有量について、特定の食材の必要分量を知ることができる「分量逆引き」や、摂取したい栄養価、含有量を含む食材、分量を一覧形式で知ることができる「食材分量逆引き」、効能に有用な食材を探すことができる「効能食材リスト」などの機能を段階的に公開し、併せて「アレルギー」や「食べ合わせ/食い合わせ」についても対応する予定だという。

《浦和 武蔵》

関連記事