広告

“1億円横領の主婦”を演じた原田知世、女性の男性に対する思いを代弁!

原田知世&西田尚美/NHKドラマ10「紙の月」
2013年11月23日(土) 00時00分 提供元: cinemacafe.net
原田知世&西田尚美/NHKドラマ10「紙の月」
原田知世&西田尚美/NHKドラマ10「紙の月」
原田知世/NHKドラマ10「紙の月」
原田知世/NHKドラマ10「紙の月」
原田知世&西田尚美/NHKドラマ10「紙の月」
原田知世&西田尚美/NHKドラマ10「紙の月」
篠崎絵里子(脚本)
篠崎絵里子(脚本)

NHKドラマ10にて放送される角田光代・原作の「紙の月」の会見が11月22日(金)に行われ、主演の原田知世を始め、西田尚美、脚本の篠崎絵里子らが出席した。

過去に映画化もされた鈴木京香主演の「セカンドバージン」や江國香織原作の「カレ、夫、男友達」など話題の作品を送り出してきたドラマ10枠の最新作。平凡な主婦だった梨花が銀行の渉外係としてパートで働き始め、若い男との出会いをきっかけに運命を狂わせ、やがて1億円を横領し海外に逃亡をするまでを描き出す。

原田さんは梨花という役、その行動について「理解できないし想像もつかなかった」と語り、「毎日、悩んで監督に相談しながら演じました。ギリギリまでどう演じるのか分からないことも多かった」と明かす。

もしも、自身の目の前に若い男が現れたら…? という問いにも原田さんは「私は(梨花のようになることは)ないですね」とピシャリ。一方で「彼女が光太(満島真之介)を実際にどこまで愛していたかも分からない。彼女自身の問題という気がします」と若い男性の存在は彼女にとって単なる一つの“きっかけ”に過ぎなかったとも。

「30代、40代と悩みやいろんなものを抱えていますが、誰かに解決してもらうのではなく、自分で解答を見つけ、乗り越えなくてはいけない」と語った。

西田さんは「憧れの原田知世さんと共演することができました」と喜びを語る。「角川映画で育った世代ですから(原田さん主演の)『時をかける少女』などはズバリ! 私にとっては『原田知世さん』ではなく『原田知世ちゃん』なんです(笑)。雑誌見てなんてかわいいんだろうと思ってたし、大人になってもそのまま。お会いした時は感激しました!」と興奮気味に語った。

作品について、西田さんは「見ていて切なくなりました。『この人は何を探しているんだろう?』と」と語る。主人公を始め、女たちが人生を狂わせていくのと同じく、男たちの無神経さがいかに女性を傷つけているかというのも垣間見えてくるが、夫婦で鑑賞したという西田さんは「夫は『苦しい。見ててつらい』と言ってました。これを見たらいいダンナに変わるかもしれないので(笑)、また一緒に見たいです」とニヤリ。

まさにこの点、女性(妻)は男(夫)にどうしてほしいのか? という報道陣からの直球の質問に脚本の篠崎さんは「対等に認めてもらうこと。女性は男性に守ってほしいとも庇護の下で生きたいとも思ってないので。決めつけずに聞く耳を持ってほしい」と語り、さらに「梨花は決して特殊でなく、一歩間違えば誰もがそうなると思います」と“警告”。

原田さんも篠崎さんの言葉に頷き、「男性に対して女性は、そんなに『強くあってほしい』なんて思ってないんです。ちゃんと一個人として見て、同じ人間として向き合って話すことが大事。男と女は違うものですが、違うという前提を持って互いを理解することが必要」と訴えた。

「紙の月」はNHK総合にて2014年1月7日(火)より放送開始(全5回/22:00~)。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告