広告

和食を食べる回数を増やしたいですか?…「和食」の無形文化遺産登録にちなんだアンケート調査

和食を食べる回数を増やしたいか(性年代別)
2013年12月6日(金) 12時00分
和食を食べる回数を増やしたいか(性年代別)
和食を食べる回数を増やしたいか(性年代別)
和食を食べる回数を増やしたいか(食生活の傾向別)
和食を食べる回数を増やしたいか(食生活の傾向別)
ユネスコ無形文化遺産に登録されると、どのように意識が変わると思いますか?
ユネスコ無形文化遺産に登録されると、どのように意識が変わると思いますか?
和食のイメージといえば?
和食のイメージといえば?
「和食」と聞いて思い浮かぶメニューは?
「和食」と聞いて思い浮かぶメニューは?
海外に誇れると思うメニューは?
海外に誇れると思うメニューは?
和食に合うと思うお酒は何?
和食に合うと思うお酒は何?
2011年度 酒類消費数量 構成比
2011年度 酒類消費数量 構成比
現在の食生活の傾向(全体・年代別)
現在の食生活の傾向(全体・年代別)
現在の食生活の傾向(朝・昼・夕食の傾向)
現在の食生活の傾向(朝・昼・夕食の傾向)

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、12月4日に、アゼルバイジャンの首都バクーで委員会を開き、日本の「和食」の食文化を無形文化遺産に登録する審議。その結果、無形遺産に登録することを決めた。

 この正式登録の前、宝酒造は、20代から60代の男女3,000人を対象に「和食とお酒に関する意識調査」を実施した。 (調査期間は:2013年11月1日から11月5日)

 同調査で、『日々の食生活の傾向』について尋ねたところ、46.2%の人が和食派(「ほとんど和食を食べる」+「どちらかというと和食を食べる」)と回答。次いで43.7%の人が「和食と和食以外が半々」ということがわかった。和食以外派(「ほとんど和食以外を食べる」+「どちらかというと和食以外を食べる」)は約5%と少数少数だった。

 続いて、『朝・昼・夕食にそれぞれ分けて食事の傾向』を聞くと、朝食は「和食派」と「和食以外派」に分かれ昼食は「和食と和食以外が半々」が多く、夕食は「和食と和食以外が半々」という人が多いものの、和食を食べる割合が1日の中で一番高いという結果になった。

 次に、『今後和食を食べる回数を増やしたいか』尋ねると、「どちらともいえない」という回答が多いものの、全体で約40%の人が「増やしたい」と回答。

 このほか、『和食のイメージ』について尋ねたところ、「健康的」、「栄養のバランスが良い」などの健康に関するものと「季節ごとに楽しめる」など季節に関するイメージが強いことがわかった。また男女で比較すると、栄養のバランスやカロリーに対する意識の違いが顕著で、女性の方がより健康への意識が高いことがわかった。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告