スイーツ食べ放題のマラソン大会に5,467名が参加…『第17回 全国スイーツマラソン』が開催

『第17回 全国スイーツマラソン』でスイーツを受け取るランナーの様子
2014年1月22日(水) 16時15分
『第17回 全国スイーツマラソン』でスイーツを受け取るランナーの様子
『第17回 全国スイーツマラソン』でスイーツを受け取るランナーの様子
スタート地点の様子
スタート地点の様子
ランナーたちがスタートを切ったところ
ランナーたちがスタートを切ったところ
カラフルなアフロのウイッグをつけて走っている人がいた
カラフルなアフロのウイッグをつけて走っている人がいた
ケーキ型のかぶり物をつけて走っていたランナー
ケーキ型のかぶり物をつけて走っていたランナー
最後尾に、ダイコンのコスプレをしているランナーたちがいた
最後尾に、ダイコンのコスプレをしているランナーたちがいた
ひとくちスイーツを求めて「給スイーツ所」に立ち寄っているランナーたち
ひとくちスイーツを求めて「給スイーツ所」に立ち寄っているランナーたち
くまモンのコスプレをしたランナーが「和菓子店とらや」の羊かんを受け取っていた
くまモンのコスプレをしたランナーが「和菓子店とらや」の羊かんを受け取っていた
コスプレをしたランナーたちがスイーツを選んでいるところ
コスプレをしたランナーたちがスイーツを選んでいるところ
「給スイーツ所」では、いちごも配布されていた
「給スイーツ所」では、いちごも配布されていた
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
「給スイーツ所」に用意されたひとくちスイーツ
メイン会場に併設された「スイーツ物産展」
メイン会場に併設された「スイーツ物産展」
「スイーツ物産展」のひとつ。ワッフルやチーズケーキを購入できた
「スイーツ物産展」のひとつ。ワッフルやチーズケーキを購入できた
チーズケーキやキッシュなどを販売していたブース
チーズケーキやキッシュなどを販売していたブース
「スイーツ物産展」にはわらび餅やおしるこもあった
「スイーツ物産展」にはわらび餅やおしるこもあった
ティラミスやレアチーズケーキを扱っていた「スイーツ物産展」のブース
ティラミスやレアチーズケーキを扱っていた「スイーツ物産展」のブース
「スイーツ物産展」で、シュークリームなどを販売していたブース
「スイーツ物産展」で、シュークリームなどを販売していたブース
多種類のシフォンケーキを販売していたブースもあった
多種類のシフォンケーキを販売していたブースもあった
メイン会場には、スポーツウエアブランド「ルコックスポルティフ」のシューズの試し履きコーナーがあった
メイン会場には、スポーツウエアブランド「ルコックスポルティフ」のシューズの試し履きコーナーがあった
スポーツ用品ブランド「デサント」のシューズを試し履きすることもできた
スポーツ用品ブランド「デサント」のシューズを試し履きすることもできた
大会の開会式に登場した「トチゴくん」(栃木のいちごのご当地キャラ)
大会の開会式に登場した「トチゴくん」(栃木のいちごのご当地キャラ)

 去る1月19日、都内にて、『第17回 全国スイーツマラソン in 東京・お台場』が開催され、5,467名がランナーとして参加した。

 同イベントは、マラソンとスイーツを一緒に楽しめるスポーツ大会。2010年の11月に、1回目の大会が大阪で行われ、その後は北海道、福岡、東京・お台場、愛知、神戸、横浜、宮城・仙台、千葉などの各地で実施。17回目の会場となった東京・お台場での開催は約2年ぶりとなった。

 これまでに全国各地で開催されてきた「全国スイーツマラソン」のもっとも大きな特徴は、マラソンコース上に設置されているエイドステーション(給水所)とは別に、「給スイーツ所」があり、マラソンの合間に、200種以上のひとくちスイーツを好きなだけ食べられるところ。

 それに加え、ほぼ平坦で走りやすいコースだったり、仮装で走行できることもポイントのようで、気軽に楽しく走りたい人を対象にしたイベントとして、女性やマラソン初心者からの支持を集めているようだ。

 また、大会のメイン会場(ゴール/スタート地点)に併設されたスイーツ物産展も、スイーツマラソンの魅力のひとつ。今回は、17のブースが設営され、メロンパンやワッフル、キッシュ、ドーナツ、ケーキ、シュークリーム、わらび餅などが販売されており、ランナーとして参加しない人でも入場無料で、さまざまなスイーツを購入できた。

 今回のイベントに参加したランナーたちが実施した種目は、「10kmマラソン 1部・2部(制限時間:1時間20分)」、「リレーマラソン」、「シャッフルマラソン」(リレーとシャッフルはチーム種目で、ともに走行距離は42.195km/制限時間:4時間30分)の3種目。制限時間内に完走した人やチームには、完走証が用意されていた。

 次回の大会は、3月9日に福岡県の国営海の中道海浜公園で開催予定で、参加費は、一般(高校生以上)で5,300円、中学生以下は3,500円。スイーツマラソンの公式サイトにて、2月10日までエントリーを受け付けている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事