広告

高校生が考案した『大分かぼすシフォン』を発売中…ローソン大分県店舗限定

大分かぼすシフォン
2014年3月3日(月) 14時00分
大分かぼすシフォン
大分かぼすシフォン
大分かぼすシフォン
大分かぼすシフォン

 ローソンは2月25日から、大分県佐伯市の日本文理大学附属高等学校の生徒が考案した『大分かぼすシフォン』を、大分県のローソン店舗で、4週間の期間限定で発売している。

 同商品は、粉末状にした大分県特産のかぼすの皮をシフォンケーキの生地に練りこみ、ふんわりと焼き上げ、仕上げに粉砂糖をかけたスイーツ。シフォンケーキの甘さの中に、かぼすのさわやかな風味が香る。

 なお、大分県とローソンは2007年に包括連携協定を締結し、青少年の育成や地産地消の推進を中心に地域の活性化にむけた活動をしている。そのひとつとして、2012年度から大分県と共同で「高校生ベーカリー商品開発企画事業」を実施。2013年度は、日本文理大学附属高等学校の生徒が考案した、「大分かぼすシフォン」が優秀作品に選ばれ、今回商品化が実現した。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告