広告

梅雨本格化で内閣府が熱中症に対して警鐘、「熱中症予防7箇条」

内閣府が熱中症に対して今年も警鐘「熱中症予防7箇条」
2014年6月11日(水) 00時00分 提供元: CYCLE
内閣府が熱中症に対して今年も警鐘「熱中症予防7箇条」
内閣府が熱中症に対して今年も警鐘「熱中症予防7箇条」

熱中症は気温が高い環境下で体温調節がうまくいかず、体内に熱がこもってしまうことでおこる症状である。

政府広報によると2013年6月から9月までに緊急搬送された方は5万9000人でそのうち88人が死亡している。幼児、高齢者はとくに注意が必要と内閣府政府広報はうたっており、7箇条を掲げ注意している。

1、野外では帽子や日陰を利用し暑さを避ける。室内では扇風機やエアコンをセ氏28度以下湿度60%以下に設定し室内でも暑さを避ける。

2、服装を工夫する。

3、こまめに水分補給する。

4、急に暑くなる日に注意する。

5、暑さに耐えられる体づくりをする。

6、野外で活動する際、体調を整える。晩の深酒、寝不足、朝食不摂取は避ける。

7、集団活動の場ではお互いに配慮する。

梅雨が本格化し湿度も高い。野外活動、レジャー、スポーツの際には注意したい。

《上水流晋@CycleStyle》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告