あまりに“多才”なリリー・フランキー、本業の収入は「減った」

三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
2014年11月9日(日) 20時00分 提供元: cinemacafe.net
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」
三池崇史&リリー・フランキー/トークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」

最新作『神さまの言うとおり』の公開を控える三池崇史監督が11月6日(木)、自身が主催するトークイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」を東京・六本木のビルボードライブ東京で行い、同作にホームレス役で出演するリリー・フランキーと語り合った。

過去にも妻夫木聡、伊藤英明、大沢たかお、伊勢谷友介、山田孝之、満島ひかりら豪華ゲストが登場したこのイベントも今回で13回目。喫煙OK、来場者はアルコールを味わいながら至近距離でトークを楽しむという、文字通り“大人だけの空間”で毎回、三池監督による「台本なし!」の暴走ぶっちゃけトークが注目を集めている。

映画は平凡な日常を過ごしていたはずの高校生が、不気味なダルマや招き猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカらが仕掛ける「命を賭けた謎のゲーム」に巻き込まれる不条理を描いたサスペンスアクション。

福士蒼汰、神木隆之介、染谷将太ら活きのいい若手俳優が勢揃いするなか、リリーさんは謎めいた長髪のホームレスを演じており、「事務所の人間から『三池さんの作品で、どうやらホームレス役らしい』と言われて、すぐ『やる!』と決めた」と出演は即決だったのだとか。

エクステ&付けひげを装着し、ホームレスに変身するには「準備に2時間半はかかる」(リリーさん)と言い、「初日、午前2時に現場入りしたら、雨でロケが中止になって(笑)。こんな無益な徹夜は久しぶり」と苦労話を明かしていた。

そんなリリーさんといえば、本業のイラストや俳優業に加えて、エッセイスト、小説家、絵本作家、ミュージシャン、演出家、番組MC、写真家と幅広いジャンルでその多才ぶりを発揮中。三池監督から「いま、本業って何なの?」と聞かれると、「一応、確定申告では本業をイラストレーターにしているけど、イラストの収入は減っていて、税理士もその辺に気づき始めている」と話していた。

三池監督が“俳優”リリーさんを起用するのは本作、そして2015年公開の『極道大戦争』と早くも2回目で、「『そして父になる』のお芝居と存在感には、思わずため息が出たし、『凶悪』のリリーさんにはシビれた。リリーさんが演じると、台本から生まれたキャラクターじゃなくなる」と絶賛。当のリリーさんは「演じている間? たぶん何も考えていない」と涼しい顔だった。

『神さまの言うとおり』は11月15日(土)より全国東宝系にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連記事