オリジナルパンケーキハウス原宿店で進化版「ダッチベイビー」が3日間、先着100組無料!

オリジナルバターとレモン、粉砂糖をたっぷりかけていただく看板メニュー「ダッチベイビー」。
2015年3月27日(金) 00時00分 提供元: cinemacafe.net
オリジナルバターとレモン、粉砂糖をたっぷりかけていただく看板メニュー「ダッチベイビー」。
オリジナルバターとレモン、粉砂糖をたっぷりかけていただく看板メニュー「ダッチベイビー」。
「ダッチベイビー」と同じくジャージー生地にりんごを包んで焼き上げた「アップルパンケーキ」。たっぷりのリンゴとシナモンが絶妙。家庭的なやさしさを味わえる一品。
「ダッチベイビー」と同じくジャージー生地にりんごを包んで焼き上げた「アップルパンケーキ」。たっぷりのリンゴとシナモンが絶妙。家庭的なやさしさを味わえる一品。
ストウブの鍋に載せられたアツアツの「骨付きスペアリブバーベキューソース」。ボリューム満天なので、数人でシェアしていただきたい。
ストウブの鍋に載せられたアツアツの「骨付きスペアリブバーベキューソース」。ボリューム満天なので、数人でシェアしていただきたい。
スタンダードなパンケーキのメニュー「ミックスフルーツパンケーキ」。ホイップクリームたっぷり。
スタンダードなパンケーキのメニュー「ミックスフルーツパンケーキ」。ホイップクリームたっぷり。
「チーズオムレツ」は、ランチにおすすめの一品。
「チーズオムレツ」は、ランチにおすすめの一品。

アメリカ・ポートランド発祥の老舗パンケーキ専門店「オリジナルパンケーキハウス」の日本第二号店となる原宿店が、3月27日(金)にオープンとなる表参道・原宿エリアの新たなランドマーク「キュープラザ原宿」8階に同日オープンする。

「オリジナルパンケーキハウス」は、1953年にオレゴン州ポートランドで創業し、現在では全米に124店舗を構える老舗パンケーキチェーン店だ。2013年に丸井吉祥寺店にオープンし日本初上陸を果たしたが、続く2店舗目の原宿店では、大人気の看板メニュー「ダッチベイビー」(1,340円)がさらに進化して登場する。

「ダッチベイビー」は、この店の60年の伝統的な定番メニューで、オーブンで焼き上げたジャーマン生地のパンケーキに手づくりのホイップバター、レモン、粉砂糖をたっぷりとトッピングしていただく。原宿店では、既存店の「ダッチベイビー」のレシピをさらに改良し、高さを出して見た目や食べ応えのインパクトをプラスし、企業秘密だが改良レシピにより美味しさもパワーアップしている。

ベイビーと名が付くわりに、とてもボリューミーなメニューなので、数人でシェアしてもいい。食べ方は、レモン汁は思い切ってたっぷり回しかけることをおすすめする。酸味と甘みの絶妙なハーモニーを味わえるところがダッチベイビーの美味しさの醍醐味だ。数々のパンケーキをリサートしてきた筆者にとっても新感覚のパンケーキなので、パンケーキマニアは必食の一品といいたい。

原宿店では、さらに「ダッチベイビー」の生地に色とりどりの野菜をふんだんに盛り付け、濃厚なチーズで包み込んだ“お食事系”パンケーキ「ダッチガーデン」(1,580円)も登場。ほかにもクレープやワッフルの定番スイーツ、原宿店より拡充されるディナーメニューとして「骨付きスペアリブバーベキューソース」やストウブ料理などもラインナップし、お料理と合わせて厳選されたワインやドリンク類も豊富に用意する。いずれも伝統的なやさしい味わいをベースに、飽きの来ない美味しさを提供してくれる。

ブレックファーストからディナーまで幅広いシーンで利用できる。店内は、洗練された大人の雰囲気を感じさせるカジュアルシックでまとめられていて、窓からの眺望もいいので、女子会にもおすすめ。

原宿店オープンを記念して、3月27日(金)のオープン当日から、29日(日)の3日間限定で、各日先着100組(1組様1点まで)に「ダッチベイビー」が1皿無料で提供される。この機会に、原宿店の進化版「ダッチベイビー」をぜひ味わってみて。お店のオープン時間は10時から!(初日のみ11時オープン)

《text:Miwa Ogata》

関連記事