広告

【インタビュー】相葉雅紀<後篇> 初“月9主演”も「嵐」メンバーの反応は…

月9「ようこそ、わが家へ」相葉雅紀の“家族”たち…寺尾聰(父役)&有村架純(妹役)&南果歩(母役)/
2015年4月14日(火) 22時00分 提供元: cinemacafe.net
月9「ようこそ、わが家へ」相葉雅紀の“家族”たち…寺尾聰(父役)&有村架純(妹役)&南果歩(母役)/
月9「ようこそ、わが家へ」相葉雅紀の“家族”たち…寺尾聰(父役)&有村架純(妹役)&南果歩(母役)/
有村架純/月9「ようこそ、わが家へ」
有村架純/月9「ようこそ、わが家へ」
「ようこそ、わが家へ」ヒロインに決定した、沢尻エリカ
「ようこそ、わが家へ」ヒロインに決定した、沢尻エリカ
フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する南果歩
フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する南果歩
フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する寺尾聰
フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する寺尾聰
月9初出演となる足立梨花/「ようこそ、わが家へ」
月9初出演となる足立梨花/「ようこそ、わが家へ」
4年ぶり月9出演となった、佐藤二朗/「ようこそ、わが家へ」
4年ぶり月9出演となった、佐藤二朗/「ようこそ、わが家へ」
月9初出演となる、高田純次/「ようこそ、わが家へ」
月9初出演となる、高田純次/「ようこそ、わが家へ」
山口紗弥加/月9「ようこそ、わが家へ」
山口紗弥加/月9「ようこそ、わが家へ」
池井戸潤作品おなじみの強烈悪役を演じることとなった、竹中直人/月9「ようこそ、わが家へ」
池井戸潤作品おなじみの強烈悪役を演じることとなった、竹中直人/月9「ようこそ、わが家へ」

本日より放送開始となる新月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」で主演を務める、相葉雅紀(嵐)。クランクイン直前の相葉さんにインタビューを敢行。<前篇>では有村架純、寺尾聰、南果歩ら豪華な“家族”たちについて語ってもらったが、<後篇>では「嵐」メンバーからの反応について、さらに“愛され男子”な相葉さんのルーツについてたっぷりと語ってもらった。

「半沢直樹」シリーズで知られる人気作家・池井戸潤の小説のドラマ化した本作。平凡な一家がひょんなことから巻き込まれたストーカー被害、さらには会社の不正と戦う姿を、月9では珍しいサスペンスタッチで描きだす。相葉さんが演じる主人公・倉田健太は、他人につい合わせてしまう気弱な男で、“月9最弱のヒーロー”と話題を呼んでいる。

今回、月9ドラマ初主演となる相葉さん。これまでメンバーでは「夏の恋は虹色に輝く」('10)、「ラッキーセブン」('12)、「失恋ショコラティエ」('14)で松本潤が、「鍵のかかった部屋」('12)で大野智がそれぞれ主演を務めている。メンバーからの反応はどうだったのだろうか? 
「何も言ってくれなかったんですよ。『ストーカーの話』としか伝えてないので、『ストーカー役なのかな?』って、みんな思ってると思います(笑)。オンエアで見てもらいたいです」。

そんな相葉さんの言葉の通り、本作のメインストーリーとなるのは、ストーカーの恐怖に襲われる一家の物語。しかし、そこにはサスペンスの要素だけでなく、家族で試練を乗り越えていく姿も描かれる。特に、相葉さん演じる気弱な主人公・健太と、寺尾さん演じるそれに輪をかけて気の弱い父・太一が紡ぐ親子の物語が見どころでもある。

相葉さん自身“親譲り”だと思うところはどんな部分だろうか?
「割と性格は親父に似てますよ。好きなものだったり、趣味だったりが似てます。大体、親父が通ってきたようなことをやってるんだな、って思いました。例えば、船、バイク、車とか乗り物が大好きなんですよ。僕も無駄に船舶免許を取っちゃったり(笑)。動物が好きなのもまさにそうですね。親父が大好きで。僕も大好きだし。性格的なところは似てるんじゃないかな。距離が離れなかったっていうのも割と好きなものが一緒で、いつも会話があるんですよね」。

そうやって近くで見守ってきた父親を、相葉さんは「相葉家のヒーロー」と語る。相葉家は飲食店を経営しているそうなのだが、「20数年間、ここ最近まで一度もお店を休んだことがなかったんですよ。どれだけ熱を出しても、風邪を引いても、怪我しても、骨折しても。でも最近休んだんですよ、体調不良で。それまで全然休みなくやってきたんだって、そのとき始めて知ったんですよ」と父の偉大さを改めて感じたという。

ここで余談ではあるが、気になることが。日々“おもてなし”をする父親の背中を見て育ったようだが、相葉さん自身も家に人を招く時には何かおもてなしをするのだろうか?

「『ご飯どうする?』って作ったりとか用意するのは好きですね。実家がずっとお客さん商売だったから、好きなんでしょうね。喜んで食べてもらうっていうのは好きです。きっとプライベートでも(人が家に来たら)『ようこそ、わが家へ』って言うんでしょうね(笑)」。

ならばもう一問。メンバーの誰かに料理を振る舞ったことは?
「ニノ(二宮和也)が来てくれたことがあります。最初は『しょうが焼き』、次に来たときは『もつ鍋』でした。2回目の時は、確かコンサート終わりで。僕が後輩と『もつ鍋をやろう』って計画してて、その約束が先にあったんです。いつもだったら(コンサート終わりは)弁当を食べて帰るんですけど、食べないでいたらニノが『どうしたの?』って聞くから、『今日、もつ鍋食べるから』って返したら『じゃーオレも!』って(笑)」。

改めてメンバー同士の仲の良さが伺えるエピソードだ。そんなメンバーたちは、ある意味で相葉さんの少し“先輩”だったりもする。二宮さんはドラマ「優しい時間」('05)で寺尾さんの息子役を演じており、さらに松本さんはドラマ「失恋ショコラティエ」('14)で兄として有村さんと共演している。

何か聞いておきたいことはあるだろうか?
「(ニノには)『寺尾さん…怖くない?』って(笑)。冗談です。もちろん、やっぱり見て知ってはいますが、お会いしたことがないので楽しみです。寺尾さんの作品はたくさん見させて頂いてますし大好きなんです、歌も含めて。だから僕が一方的に楽しみにしてます。ニノには…聞かないです(笑)。自分で感じるままの方が。先入観なくお会いしたいと思います」。

では逆に、寺尾さんとはどんな話をしてみたいか訪ねてみると、意外な答えが。
「そうですね…距離感が縮まったら、寺尾さんの歌の歌詞ってノンフィクションなのか、フィクションなのか聞きてみたいです。寺尾さんの歌って、(聴いてると)凄い絵が出てくるんです。だから実際にあった話なのか気になってます」。

“千客万来”よろしく、どんな記者からのどんな質問も笑顔で答えてくれた相葉さん。寺尾さんを始め、沢尻エリカ、高田純次、竹中直人ら個性派の共演者たちも、その大きな懐で受け入れていくのだろう――「ようこそ、わが家へ」と笑顔で迎えながら。

「ようこそ、わが家へ」は4月13日(月)スタート/毎週月曜21時~フジテレビにて放送。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告