食卓に美しい風景を、若手ガラス作家による展覧会「色合わせを楽しむためのガラス」開催

八木麻子による展覧会「色合わせを楽しむためのガラス」が「ドワネル」で開催
2015年7月14日(火) 11時00分 提供元: Fashion Headline
八木麻子による展覧会「色合わせを楽しむためのガラス」が「ドワネル」で開催
八木麻子による展覧会「色合わせを楽しむためのガラス」が「ドワネル」で開催

若手ガラス作家・八木麻子による展覧会「色合わせを楽しむためのガラス」が、7月25日から8月11日まで東京・青山のショップ「ドワネル(doine)」で開催される。

八木麻子は、板ガラスを用いた“キルンワーク”という技法を用いて、やわらかな色彩や氷菓子のようなひんやりとした質感が特徴のアイテムを制作。アクセサリーやオブジェ、花器、食事のためのプレートなどを展開している。

「ドワネル」での開催は3回目となる同展は、前回に引き続き“色合せを楽しむためのガラス”をテーマに開催。“料理に合わせて器を選ぶのではなく、プレートの色や形をきっかけに料理や食材をイメージしてみるのも楽しいはず”といった発想を基に、可愛らしいだけではない、グラフィカルなオブジェとしての側面も持ち合わせたアイテムの数々を展示する。プレート(3,500円から1万8,000円)の他、ブローチ(4,200円から)や髪飾り(3,600円から)などのアクセサリー類も展開される予定だ。

同展について、八木麻子は「日々の食事の時間を過ごすとき、それがレストランでなくても、思わずその瞬間を切り取りたくなるような美しい風景があると思います。そのお手伝いをガラスの器という形で出来ればと考えています。ガラス独特の色や質感を生かした技法で、制作をしています。今年は、形やパターンでも少し遊び心のあるデザインのものをお作りしています。食卓に映える、プレートのいろいろな表情をご覧いただければ幸いです」とコメントを寄せている。

【イベント情報】
「色合わせを楽しむためのガラス」
会場:ドワネル
住所:東京都港区北青山3-2-9
会期:7月25日~8月11日
時間:12:00~20:00
休館日:水曜日

《HEW》

関連記事