広告

糸井重里の「ほぼ日手帳」16年度版発表。アンリアレイジとのコラボは「今後に一石を投じる」

【左】「ほぼ日手帳 2016」を発表した糸井重里/【右】アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
2015年8月26日(水) 10時00分 提供元: Fashion Headline
【左】「ほぼ日手帳 2016」を発表した糸井重里/【右】アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
【左】「ほぼ日手帳 2016」を発表した糸井重里/【右】アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」の店舗兼ギャラリー「TOBICHI」で行われた内覧会
東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」の店舗兼ギャラリー「TOBICHI」で行われた内覧会
アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した、ほぼ日手帳「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した、ほぼ日手帳「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した、ほぼ日手帳「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した、ほぼ日手帳「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
ミナ ペルホネンとコラボした「ほぼ日手帳」
ミナ ペルホネンとコラボした「ほぼ日手帳」
岡崎京子モチーフの「ほぼ日手帳」
岡崎京子モチーフの「ほぼ日手帳」
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにした「ほぼ日手帳」
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会
「ほぼ日手帳 2016」/東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」店舗兼ギャラリー・TOBICHIで行われた内覧会

糸井重里が手掛ける「ほぼ日手帳」の16年度版が9月1日に発表される。新作の目玉はミナ ペルホネンやアンリアレイジとのコラボレーション商品だ。

「ほぼ日手帳」は国内だけで15年度版が55万部を売り上げ、取り扱い店であるLoFt(ロフト)の手帳部門では11年連続で売り上げNo,1を誇る。

発売に先駆け、東京・青山の「ほぼ日刊イトイ新聞」の店舗兼ギャラリー「TOBICHI」で行われた内覧会では16年度版の総ラインナップが披露され、糸井自らが新作の「ほぼ日手帳」について語った。

16年度版のテーマは“This is my LIFE”。ラインナップとして、糸井が任天堂と共に製作した名作ゲーム「MOTHER2」をモチーフにしたものを始め、ミナ ペルホネンとのコラボ手帳、ビームスと吉田カバンによる共同レーベル「B印YOSHID」とポーターのコラボレーションにより製作されたPCケース、ブックデザイナーの祖父江慎がデザインした漫画家・岡崎京子とのコラボ手帳など、全82種類が並ぶ。

この中で今年、糸井に衝撃を与えた1つの“作品”があるという。それが、「色が変わる服」「サイズが変わる服」など最新テクノロジーを駆使し、服の可能性を様々な角度から追求するブランド、アンリアレイジがデザインを手掛け、ポーターが製作した「サークルケース」(ブラック、オリーブの2色 各1万8,500円)。開いた時に真円が現れる、直径34cmの半月形のクラッチバックのような作品だ。

糸井はこのサンプルがあがってきた当時を振り返り、「ビックリしたね(笑)。これまで一緒に作ってきた人たちに『もっと遊んでもいい』『もっと自由でいい』と言ってきたけど、アンリアレイジにはそう言ってた自分が(その自由さに)驚かされた。僕自身、『ほぼ日手帳』って、もっと“手帳”として使われるものだと思ってたんですよ。でも、『(作るのを)止めろ』とは言えなかった。それは作った人以上の魂や想いがないと説得できないから。僕にはきっとアンリアレイジの人たちの想いを越えられないと思ったので、これはもう受け入れようと。その上で、絶対喜んでくれる人がいると思ったのも確かなんです。もう最終的にはね、手帳だけ抜き出して(バッグとして)使ってくれても構わないんです(笑)。このコラボは、きっと今後の展開に一石を投じるものになるでしょうね」。

この度量の深さこそが糸井重里であり、「ほぼ日手帳」なのだろう。糸井は続けて言う、「みんなが好き勝手に使ってくれるようになって、“自由さ”が見えてきましたね。たまに『手帳をうまく使いこなせません』という質問が来るんです。でも、スポーツカーを買った人が『うまく乗りこなせんが、どうしたらいいでしょうか?』とはあまり言わないですよね。もう、その人のモノになっているんだから、あとはその人がどう使うかなんですよ。最近になって“あんたが主役”感が、ようやく分かってもらえるようになったなと感じてます。手帳とはいっていますが、要は使う人にとっての“日々の入れ物”であって欲しい。何も書かない日があるなら、それはそういう日だった、でいいんです。手帳を通して振り返った時に、使う人の人生そのものになっていてくれたら嬉しいですね。そんな思いもあって、今年のテーマは“This is my LIFE”なんです」。

「ほぼ日手帳」は、01年に「ほぼ日刊イトイ新聞」のオリジナルグッズとして誕生し、16年度版で15周年を迎える「ほぼ日手帳」。文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、ウォレットサイズの週間手帳「WEEKS」、英語版の「Hobonichi Planner」の全4種で、世界82カ国で販売されている。

また16年度版の発売を記念して、「ほぼ日手帳」を支える根幹として糸井が大切にしてきたという“ことば”を、さまざまなテーマで集めた展示イベント「手帳のことば展 This is my LIFE.」を、9月1日~8日の期間で渋谷ロフトにて開催。初日となる1日には、作詞家の松本隆を迎え、糸井と“ことば”について語るトークイベントも行われる。

【イベント詳細】
「手帳のことば展 This is my LIFE.」
場所:渋谷ロフト6F
住所:東京都渋谷区宇田川町18-2
日時:9月1日~9月8日
時間:10:00~21:00
入場:無料

《編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告