広告

アディダス、保温性4割アップ…軽くて真冬でも快適なスポーツウエアを投入

クライマヒート搭載スポーツウエア
2015年10月5日(月) 16時00分 提供元: CYCLE
クライマヒート搭載スポーツウエア
クライマヒート搭載スポーツウエア
クライマヒート搭載スポーツウエア
クライマヒート搭載スポーツウエア
クライマヒート搭載スポーツウエア
クライマヒート搭載スポーツウエア

アディダスは、2015年秋冬モデルとして、独自のテクノロジーである「CLIMAHEAT(クライマヒート)」を搭載したトレーニングウエアやランニングウエアなどを販売開始する。

この秋冬モデルには、クライマヒートの素材にホロファイバー(中空糸)を使用し、エリやソデにつけられた「ヒートシール」の効果により、従来製品よりも44パーセントの保温性アップと15パーセントの軽量化を実現した。

クライマヒートは、トレーニングウエア、ランニングのほか、アウトドアやフットウエアなどの製品に搭載される。

製品には、競技特性に応じて強力なはっ水加工やリフレクターなどの素材や機能がそれぞれプラスされる。

トレーニングウエアでは、クライマヒート フードジャケット(1万1800円+税)など全10点が、ランニングウエアでは、メンズ クライマヒート ハーフジップ ジャケット(8900円+税)など全8点が用意されている。

アウトドア製品では、ダウンインサレーションに800 フィルパワーのトレーサブル・グースダウンが使用されたテレックス クライマヒート プロダウン(5万4200円+税)のほか、ランニングシューズが4点などの製品が展開される。

これらの製品は、全国のアディダス取扱店を通じて10月1日より発売される。

《編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告