澤穂希氏、「本当に努力は裏切らない! 諦めずやり続けることが大切」

イベントに登場した、元サッカー女子日本代表の澤穂希氏
2016年1月7日(木) 09時00分
イベントに登場した、元サッカー女子日本代表の澤穂希氏
イベントに登場した、元サッカー女子日本代表の澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏
澤穂希氏

 1月6日、元サッカー女子日本代表の澤穂希氏が、都内で行われた『2016年春「進研ゼミ+」』スタート記念イベントに出席した。

 小学4年・5年生のときに「進研ゼミ」で勉強をしていたという澤氏。今回のイベントで澤氏は、進研ゼミ卒業生の代表の一人として『特別赤ペンコーチ』に就任した。

 学業とサッカーの両立について尋ねられた澤氏は「本当に、正直大変でした。小学校のころから、週に5日6日は練習だったりとか、試合とか遠征だったので。勉強とスポーツを両立するっていうのは難しかったんですけども、進研ゼミと出会って、限られた時間ですが、楽しく勉強させていただきました」とコメント。

 また澤氏は「小さいころから、目標は高くもってやってきました。とにかくサッカー選手になりたくて、毎日努力して、練習をしていました。そのころから、男の子や年上の選手と毎日練習して、フィジカル面だったりとかスキル面だったりとか、メンタル面を磨きました」と言い、目標を達成するために、学生時代に実践していたことを話した。

 このあと、夢の実現のために努力してきたことを語る場面があり、澤氏は「できることは何でもしました。私の場合は、日々の努力、練習あるのみです。本当に努力は裏切らないので! もちろん、目標を達成するまでには、挫折もあったりしますけど、すぐ結果が出なくても諦めず、やり続けるのが大切だと思います」と熱弁。

 さらに澤氏は「私の場合は、アメリカ人とかドイツ人のように体が大きくないので、その選手と比べても、なかなか勝てないので。だったら、自分の長所は何かと考えたときに、日本人が得意な技術だったりとか、戦術面だったりとかっていうのを、自分の最大限の長所を、一生懸命やりました」と話し、真剣な表情で想いを口にしていた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事