広告

勝地涼、節目の30歳の年の”ニューウェーブ”受賞に「身が引き締まる」

勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
2016年2月27日(土) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花、土井裕泰監督、勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花、土井裕泰監督、勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
土井裕泰監督/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
土井裕泰監督/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
勝地涼/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
平山秀幸監督/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
平山秀幸監督/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
杉咲花/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オープニングセレモニー

「世界で一番、楽しい映画祭」をキャッチコピーに掲げる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」が2月25日(木)に開幕! オープニングセレモニーに勝地涼、杉咲花、オープニング作品『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督らが登壇した。

1990年に始まり、クエンティン・タランティーノをはじめ、多くの才能ある映画監督を発掘するも、2006年に夕張市の財政破綻で開催が中止。その後、有志による「ゆうばり応援映画祭」(’07)を経て復活し、今年で通算26回目の開催となる。

昨年までメイン会場として使用されていた旧市民会館の「アディーレ会館」が、老朽化のため使用不可能となり、今年から学校の校舎を改築し、現在は宿泊所として使用されている「合宿の宿ひまわり」を利用。バスケットボールのゴールが残っており、かつての体育館の建物をメイン会場として使用する稀有な国際映画祭となっている。

目覚ましい活躍を遂げ、今後、さらなる“新たな波”を起こすことが期待される映画人に贈られる「ニューウェーブアワード」では勝地涼が男優部門、女優部門には杉咲花、そしてクリエイター部門に『ビリギャル』のヒットが記憶に新しい土井裕泰監督を選出した。

勝地さんは2010年以来の夕張再訪となるが「以前参加したとき、温かく迎えていただいたことをいまでも覚えていて、今日も、空港からの道中、みなさんが手を振ってくださり、『おかえり』と声を掛けていただき感動しました! このような形で帰ってこられて嬉しいです」と喜びを語る。歓迎の市民の中に、今年出品される『セーラー服と機関銃 -卒業-』に合わせて、セーラー服を着用し、機関銃を持ったおばあちゃんを見つけたそうで「本当に、映画が好きな人たちの街なんだなと思いました」とニッコリ。そして「今年で30歳になりますが、節目の年で賞をいただき、身が引き締まる思いです。これからも新しい波を起こし、自分にしかできない芝居を見つけていけたらと思います」とさらなる飛躍を誓った。

杉咲さんは昨年の「日経トレンディ」の「2015年の顔」に選出され、ドラマ「学校のカイダン」、映画『トイレのピエタ』、『劇場版MOZU』など、期待にたがわぬ存在感を見せつけ、今年は朝ドラ「とと姉ちゃん」への出演も控える。杉崎さんは尖ったトロフィーを受け取ると「かわいいトロフィーですね」とニッコリ。「ここに向かってきている時、寒い中、みなさんが待っていてくださり、手を振ってくださって嬉しかったです。私が関わらせていただいた作品をみなさんに観ていただけたら嬉しいです」と呼びかけた。


土井監督は、最近ではドラマ版「コウノドリ」の演出を手掛けるなどTV、映画で活躍。「いままでで最年長のニューウェーブかと」とおどけつつ「ドラマの演出は20年以上、映画を始めて10年ちょっとになりますが、映画は僕にとって特別な存在であり、永遠の憧れ。ゆうばり映画祭は、映画を愛している人たちが作っている映画祭であり、そこで評価されることは光栄です。新たな波を起こせるように精進したいです」と受賞の喜びをかみしめていた。

また、岡田准一主演でヒマラヤの標高5200メートルの地点での撮影した『エヴェレスト 神々の山嶺』をオープニング作品として携え、約10年ぶりに夕張の地を踏んだ平山監督は「バスから降りて『おかえり』と声を掛けていただいた方の中に顔見知りがいっぱいいました」としみじみ。「10年ぶり、それも新作を持って帰ってこられて嬉しいです」と顔をほころばせた。過酷な自然の中で、岡田さん、阿部寛らの雄姿をヒマラヤでカメラに収めたが、平山監督は「最初に岡田さん、阿部さんと話をした時『ほっといてくれ』『かまわないでください』と言われたんです。山の上に行くと自分のことは全て自分でやらないといけない。手がかからない俳優さんたちでした」と振り返る。迫力の映像については「スタントを使っておりません! 全カット本人がやってます!」とこれから映画を鑑賞する観客を前にその出来栄えについて自信をのぞかせていた。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭は2月29日(月)まで公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告