佐藤健、宮崎あおいと浜辺で「ブルーハーツ」を歌唱!『せか猫』コラボCM

『世界から猫が消えたなら』コラボCMビジュアル
2016年3月2日(水) 19時00分 提供元: cinemacafe.net
『世界から猫が消えたなら』コラボCMビジュアル
『世界から猫が消えたなら』コラボCMビジュアル
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
佐藤健&宮崎あおい/『世界から猫が消えたなら』-(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
佐藤健&宮崎あおい/『世界から猫が消えたなら』-(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

主演に佐藤健、宮崎あおいを迎え、全世界累計発行部数100万部を超える川村元気の感涙ベストセラーを映画化する『世界から猫が消えたなら』。“せか猫”と呼ばれ愛される本作が、この度、宮崎さんが出演するアパレルブランド「earth music&ecology」のTVCMとコラボしたことが分かった。

僕は生きるために消すことを決めた30歳郵便配達員、余命あとわずか。そんな僕の前に僕と同じ姿をした悪魔が現れた。大切なものと引き換えに1日の命を与えるという。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。電話、映画、時計…そして猫。失われていく世界のなかで、僕はかつての恋人に再会する。かつて愛し、別れたときを思い出していく。親友そして疎遠になってしまった父の想いに触れていく。果たして僕が見つけたのは亡き母が残した手紙だった。そして人生にとって最後の日、僕はある決断をする。

原作は、「電車男」『告白』『悪人』など数々のヒット作を手掛けた映画プロデューサー・川村氏のLINE連載という世界初の形態で発表した同名小説。「僕」と「悪魔」の2役に挑むのは、『るろうに剣心』シリーズや『バクマン。』などで日本だけでなくアジアでも人気の高い佐藤さん。そのかつての恋人に、NHK連続テレビ小説「純情きらり」ヒロイン役を務め、NHK大河ドラマ「篤姫」、現在放送中の「あさが来た」に出演し幅広い世代から人気を集める宮崎さん。そのほか映画マニアの親友を濱田岳、疎遠になった父を奥田瑛二、死別した母を原田美枝子、さらに奥野瑛太、石井杏奈ら実力派俳優が脇を固める。

今回、宮崎さんがイメージキャラクターを務めるアパレルブランド「earth music&ecology」が、本作とコラボしてブランド初となる映画コラボCMを制作。“原点回帰”をテーマに、2010年にスタートを飾った“宮崎さんが「THE BLUE HEARTS」の「1001のバイオリン」を無邪気にはつらつと歌う”というCMをリメイクし、海辺を歩く宮崎さんが同曲を再び歌唱。さらに、本作主演の佐藤さんが劇中に登場する猫・キャベツ&レタスをイメージした子猫を抱えて登場し、宮崎さんと共に歌を口ずさむ構成だという。

撮影は、寒さ厳しい2月11日千葉県某所の海岸にて敢行。佐藤さんと宮崎さんは、1月下旬にグラフィック撮影を行い、動画撮影としては“せか猫”の撮影現場以来1年ぶりの顔合わせとなった。子猫と一緒の撮影なのもあり、現場は終始なごやかムードで進行。撮影終了後のインタビューでは「見ている人がTVから流れてきたときにほっこり楽しい気持ちになってくれたらうれしいなと思います」と宮崎さんが思いを語った。

TVCM「earth music&ecology 2016春『歩く~再び~』」篇は3月2日(水)より全国主要都市にて放映。

『世界から猫が消えたなら』は5月14日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連記事