広告

壊しながら食べる!?スマッシュケーキとは?

壊しながら食べる!?スマッシュケーキとは?
2017年2月28日(火) 16時30分 提供元: 食育ずかん
壊しながら食べる!?スマッシュケーキとは?
壊しながら食べる!?スマッシュケーキとは?

最近は写真はもちろん、動画を撮るのも簡単にできるようになりました。
国は違っても日々成長されるお子様の姿を記録に残したいと思う親心は同じようで、様々な行事で撮影された写真がいろんな場所で投稿されています。
今回のテーマである「スマッシュケーキ」は、撮影が手軽な現在だからこそ生まれた流行です。
一体どんなものなのでしょう?
【えっ、壊しちゃうの!?】
このスマッシュケーキ、特に伝統的な催しということではなく、ここ10年ほどでアメリカを中心に流行しています。
基本的には「1歳のお誕生日祝いのケーキ」なのですが、スマッシュケーキは切り分けたり食べさせたり、といったことはせず、赤ちゃんに手づかみで丸ごと自由に食べてもらうんです!
当然、ケーキが原型を留めることはないので、smash<打ち壊す、粉砕する>の名が付けられたんですね。
初めてのケーキを前にした姿や、甘さたっぷりのケーキに驚くお子様の姿を記録に残したい、ということからか、とってもカラフルでデコレーションたっぷりのケーキが好まれる傾向にあるようです。





【ケーキは作ってあげたいけど…】
とはいえ、それはあくまでもアメリカでの話。
「誕生日ぐらいは特別にいいとは思うんだけど、あんまり小さなうちから甘すぎるものを食べさせるのもちょっと抵抗があるなぁ…」と思うお母さんも多いのではないでしょうか?
それに、撮影のためとはいえ、手間暇をかけて作ったケーキが一瞬で崩れてしまうのもちょっとだけ悲しいところではありますよね。
今回はそんなお母さんでも安心の簡単ケーキレシピをご紹介します!
☆材料
食パン(10枚切り)・・3枚
豆腐(木綿、絹どちらでも)・・1丁
砂糖・・大さじ1
お好みのフルーツ、ボーロ・・適量
※今回のフルーツはいちごを使用しています。
☆作り方

豆腐はしっかりと水切りしておき、フードプロセッサーに砂糖と一緒に加えて滑らかになるまで混ぜる。
(フードプロセッサーがなければ泡立て器で混ぜて下さい)
食パンは耳を除き、丸型で中身をくり抜く。
抜いた食パンでカットしたフルーツを挟み、クリームに見立てた(1)を塗る。
形が整ったら上に飾りつけ用のフルーツとボーロを乗せる。

調理ポイントは豆腐の水切りです!
電子レンジなら簡単、短時間に済むのですが、ここだけは重石でしっかり時間をかけて行うと、仕上がりが別物のように滑らかになりますよ。
※乳アレルギーをお持ちのお子様の場合は、乳不使用の食パンを使用して頂ければ対応可能です。
初めて迎えるお誕生日。
豪快にケーキを食べるその姿は、将来記録を見直した時に思わず頬がほころんでしまうこと間違いなし!?
一生の思い出として撮影してあげてみてはいかがでしょうか?
Text by はむこ/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告