世界の才能ある起業家のために2億元を投資、恵州仲ガイハイテク産業開発区

2017年1月11日(水) 11時00分 - Guangdong Innovation Technology Media Service Center

世界の才能ある起業家のために2億元を投資、恵州仲ガイハイテク産業開発区

AsiaNet 67087(0049)

【東莞(中国)2017年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国広東省恵州市の恵州仲ガイハイテク産業開発区(HZZK)は近年、有能な起業家向けにHZZKをアピールするため一連の政策を実行に移してきた。この政策はHZZKの「Kaixuan Talent Plan(凱旋人材計画)」の一貫として、起業家の運営するハイテク企業の発展を促進すると共にHZZKを科学、技術上の成果実現の場所に変換するためである。新政策の一部として同産業開発区は、同区で事業を行う有望な個々人へのインセンティブとして革新的事業や新興企業、子会社の設営に利用可能な資金を増額するとともに、利用可能なサポートサービスの範囲を拡大した。HZZKは過去3年間に2億元(約2900万米ドル)を特別人材基金として投資し、1200社以上の企業と4000人以上の才能ある個人に財政的支援を用意してきた。これらはHZZKにおける200億元(約29億米ドル)以上にのぼる経済成長に直接的に貢献した。HZZKの戦略的人材計画は2016年、才能ある個人のための募集、訓練、動機付け、支援に5000万元(約700万米ドル)の特別人材基金を使用した。

HZZKハイレベル・タレント・サービスセンター幹部は以下のように語っている。開発区で事業をスタートさせる資格を認められた個人は、全員が起業するための準備金として100万元(約1万5000米ドル)を受け取ることができる。さらに20億元(約3000万米ドル)をベンチャー・キャピタルとして、また年間3000万元(約430万米ドル)を年間の継続支援として受けることができ、新生新興産業の1つに認められた場合は総額1000万元(約150万米ドル)の戦略的新興産業開発基金へのアクセスも許される。そのうえ、個々人は月額1万元(約1500米ドル)までの生活補助費と50万元(約7万5000米ドル)までの住宅補助が受けられる。同開発区は、主要な貢献者と認められた個人および有望な計画を持ってグループとして同開発区に来た有能な個人に対し、彼らのプロジェクトを支援するためユニークな優遇措置を採ることができる。

HZZKは有能な個人に対して革新と新企業発足のためにより良い環境を整備するため、この目的で50万平方メートルの敷地を用意、Boston Incubator、米メリーランド州のOverseas Platform for Innovative Service、ドイツのEconomic and Technical Exchange Center(有能な個人のための海外連絡オフィスとしてのプレゼンス)、台湾のIncubation Center、北京市中関村のOffsite Incubator、ZK National Incubatorを含むインキュベーターにおける中国人のプレゼンスを提供している。

HZZKは過去数年にわたり、常に国際標準に完全に準拠しながら開発区の産業構成を調整している。大規模なプラットフォームと高品質サービスが利用できるため、2000社以上が同開発区を選択しており、フォーチュン500社に含まれるサムスン電子、ソニー、日立、LG、コカコーラなどが進出している。中国企業ではTCL、Desay Industrial、ADYOなどがあり、これらの企業は大手企業としてフラットパネル・ディスプレー、LED、モバイル、新エネルギー、クラウドコンピューティング・アプリケーション、スマート装置製造を含む戦略的新興産業クラスターを形成している。HZZKは革新と起業家精神の面で自らを前衛と位置づけており、起業家としての大望を実現するためHZZKを選んだ数多くの有能な個人のためのプラットフォームになっている。

この人材募集の努力は世界規模で行われている。HZZKは有資格の関心を寄せる関係者のために、ガイドとして特定の人物を指名して有資格の起業家に協力している。この協力内容には開発区への移転を考え特許申請、居住許可、ヘルスケア、住居、子供の教育などを踏まえて事業をスタートさせたいと考えている人物に対するサービスの全容へのアクセスが含まれている。

(注)上記の情報はGuangdong Innovation Technology Media Service CenterがChina Technology Mediaのために発表したもので、キアン・コンボ、マ・フフィアン両氏が提供し、確認した。

ソース:Guangdong Innovation Technology Media Service Center

プレスリリース詳細へ
広告
広告