地域振興に関する「一帯一路」中国・EUフォーラムがブリュッセルで開催

2017年7月12日(水) 15時07分 - The Information Office of People's Government of Guangdong Province

地域振興に関する「一帯一路」中国・EUフォーラムがブリュッセルで開催

AsiaNet 69266 (1035)

【ブリュッセル(ベルギー)2017年7月11日新華社=共同通信JBN】欧州連合(EU)の第3回中国芸術祭(アートフェスティバル)の不可欠の一環であり、来るべき2018中国・EU観光年の準備イベントでもあるBelt and Road China-EU Forum on Regional Promotion(地域振興に関する「一帯一路」中国・EUフォーラム)が7月10日、ブリュッセルで開催された。フォーラムの出席ゲストらは、地域振興と観光の緊密な補完関係や双方の協力を促進する方法について深く検討した。

フォーラムには、世界中から300人を超えるゲストが出席した。この中には、ヤン・ヤンイ駐EU中国大使、広東省党常務委員会委員で同省広報局長のシェン・ハイション氏、欧州議会運輸観光委員会副委員長で欧州・中国OBOR(一帯一路)文化観光開発委員会委員長のイストバン・ウジェリー氏、欧州・中国教育文化財団会長のシャオ・チャンチュン氏が含まれている。

ヤン大使はフォーラムの開会あいさつで「中国南部の広東省は改革・開放が進む中国を主導してきており、経済的、文化的に大きな躍進を遂げている。同省の成功は、同省の勤勉な人々と開かれた精神に負っている。今回のフォーラムは、多様な文化や社会の調和のとれた対話だけでなく、双方に一帯一路構想によってもたらされる機会を提供することにより、中国・EU関係を促進するより大きなプラットフォームとなることだ」と述べた。

シェン氏は開会講演で、広東省を「海のシルクロード」の出発点の1つと紹介し、同省が欧州と共有した貿易の起源について語った。同氏は、地域振興にはその主導コンセプトが不可欠であると強調、中国の新たな発展見通しは「EU の発展見通しと合致している」と付け加えた。シェン氏はまた「双方は、人々とその福祉を最優先にし、人々が品質開発によって得られる経済的利益を共有できるよう保証することにコミットしている。このようなビジョンに関する一連の討議は、必ずや中国とEUの人々の相互理解を促進し、グローバリゼーションをさらに前進させることになろう」と示唆した。

開会式ではイストバン・ウジェリー氏らEU関係者らはそれぞれのスピーチの中で、このフォーラム開催を心から歓迎し、高く評価し、フォーラムがEUと中国の間のヒューマニティーと文化の交流と協力を促進するだろうとの考えを表明した。

開会式の後、中国と欧州各国の政府、企業代表や個々の芸術家らは、中国と欧州のイメージ促進の革新的な実践について討議を開始した。Guangdong Provincial Publishing Group (GDPG、広東省出版グループ)は、Beautiful China Trip(美しい中国旅行)書籍シリーズの英語版を発行した。広東省人民政府広報局は、欧州・中国OBOR文化観光開発委員会、GDPG、およびベルギーのKamyuen Groupとそれぞれ協力協定を締結した。

シャオ氏は「近年、欧州経済は中国人観光客の増加により大幅に押し上げられており、このことは双方の相互理解を深めている。観光経済に加えて、われわれが今後推進すべきものは関連のアイデアだ」と語った。

ベルギーのワロン地域振興の責任者ドミニック・アンドレ氏は、双方は今後、観光やその他の文化交流を通じて相互理解と相互信頼を深めていくべきだと指摘した。

フォーラムは、中国の駐EU代表部、広東省人民政府広報局、EUにおける中国芸術祭実行委員会、欧州・中国OBOR文化観光開発委員会により共催された。

ソース:The Information Office of People's Government of Guangdong Province

▽メディア連絡先 : Mr. Liu, Tel/Fax: 86 10 63075245

プレスリリース詳細へ
広告
広告