満腹なのにみるみるやせる! おからダイエットレシピ

家村マリエ(著)

情報提供:アスコム

書籍概要

内容紹介 おからで3カ月で12kgの減量に大成功した、モデルの家村マリエが、とっておきのダイエットレシピを大公開!満腹なのに、カロリーも糖質も大幅カット!大豆たんぱく質、イソフラボン、サポニン、カルシウム…大豆のミラクルパワーをしっかり摂取!おからを混ぜるだけだから、安くて、カンタン! しかも、おいしい!ガンコな便秘がスッキリ解消!つやつや美肌・美髪になれて、アンチエイジング効果もバッチリ!ぐっすり眠れる安眠効果も!始めた人から、どんどんキレイになる! 無理なくすっきりやせられる!それが、おからダイエットです!
著者について 1986年石川県生まれ。モデル。「小悪魔ageha」の読者モデルから本格的にモデル業を始めるが、無理なダイエットとリバウンドを繰り返しては体調を崩し、心身共にボロボロに。見かねた母親から勧められた「おからダイエット」で、体重が3カ月で12kgもダウン。おからのおかげではじめてダイエットに成功し、美肌と健康を手に入れる。それ以来、おからのパワーに魅了され、おから研究家として、おいしくてヘルシーなおからの普及に注力。おから事業を業務内容とした株式会社Marie.Japanを創立して社長を務め、豆腐業界の組織である全豆連から「おから大使」にも任命されている。現在、おからを使用した商品開発、タイアップ企画など、おからエキスパート「Okalife」としておから促進事業に全力で取り組んでいる。

著者からのコメント

わたし、家村マリエは
おからダイエット
やせてきれいになりました!

『モデルの仕事をはじめて、自分の全身を見つめ直したときに、いかに太っているかを実感。そこでいろいろなダイエットに挑戦しましたが、失敗の連続でした。そんな体も心も肌もボロボロのわたしを救ってくれたのが、母の作る「おから料理」です。食べているうちに満足感と元気が体中にあふれてくるのがわかりました。以来、おからはどんな料理にもなじむことがわかって、自分なりに毎日の食事にとり入れることに。食べたいものにただ加えているだけなのに、56kgだった体重を3カ月で44kgまで減らすことに成功!ガンコな便秘が解消し、お肌の調子もよくなりました。今では心も体もすっきりリセット!人生が大きく変わりました!!』

体験者からのコメント

3週間でみるみるうちに3kgやせた!!

ガンコな便秘がすぐに解消。これはすごい!

食べないより食べてるほうが断然やせる!

肌のキメが細かくなって、色も明るくなった!

スタートから1週間で肌がキレイに!

夜、ぐっすりと眠れるようになった

自身も糖質オフダイエットで-14kgの減量に成功したという、医師の銅冶英雄先生のコメント

わたしも体重-14kg減のダイエット成功者です!
おからなら糖質オフダイエットが効果的に

『おからは、大豆本来のたんぱく質を持ち、炭水化物のほとんどは食物繊維で糖質がわずかという低糖質食品であり、低カロリー食品でもあります。さらに水分を含むと増量するので、ボリュームも満点!ダイエットにぴったりの食品といえます。また脂肪代謝を改善し、アンチエイジング効果も期待できる大豆サポニンや大豆イソフラボン、骨を丈夫にするカルシウムなども含むので、健康的できれいにやせることができます。おからをチーズやかつお節、ひき肉などと合わせると、さらにたんぱく質が充実し、また食物繊維の効果で、おいしく食べて、お腹はすっきりという状態になります。ただし、食物繊維の多いおからを突然、大量に食べると、体質によっては下痢を起こすこともあります。その場合は、様子をみながら少しずつ増やしていきましょう。』

銅冶英雄
(どうやひでお)
お茶の水整形外科
機能リハビリテーションクリニック院長/医学博士

1968年新潟県生まれ。2010年3月に、東京・お茶の水に自身のクリニックを開院。整形外科専門医として一般整形外科診をおこなうとともに、リハビリテーション専門医として、運動療法、靴、栄養療法を用いてカラダの本来の機能を取り戻すための独自の機能リハビリテーションを実施。運動療法をおこなうと同時に、必須栄養素の食事指導、炭水化物抜きダイエットなどをおこなう。

おからのすごい健康パワー5!!

  1. 1. ダイエットに必須のたのもしい低糖質食品!

  2. 2. 不溶性食物繊維がおどろくほど腸内をきれいに

  3. 3. 大豆の栄養素で脂肪の代謝効率をアップ!

  4. 4. 骨を丈夫にする

  5. 5. 大豆イソフラボンで美肌&美ボディーに

おからパワーをとり続けると…
  • おいしく無理なく、糖質とカロリーをしっかりカット

  • 食べるボリュームは十分なのに、体が引き締まってくる

  • 便通がよくなってお腹すっきり!むくみも解消!!

  • 生理痛がやわらぐ

  • バストアップし、ハリが出る

  • イライラがなくなって、安眠&快適な目覚め

  • 肌トラブルがなくなり、肌に透明感が出る

おからダイエットレシピ

書籍内で紹介されているおからダイエットレシピの
ほんの一部をここでご紹介します!

おからバーグ

おからバーグ

おから+鶏ひき肉でカロリー控えめなのに
ビッグサイズのハンバーグのでき上がり!


271kcal

材料:1人分

●おから(生) … 100g
●鶏ひき肉 … 50g
●玉ねぎ … 1/4個
●A
└卵 … 1/2個分
└塩 … 小さじ1/4
└こしょう … 少々
●白しめじ … 50g
●しいたけ … 2枚
●塩、こしょう … 少々
●グリーンカールなどの葉野菜 … 適量
●市販のウスターソース … 大さじ1 1/2

1

玉ねぎはみじん切り、白しめじとしいたけは、石づきを取ってひと口大に切る。

2

鶏ひき肉にAの塩、こしょうをふり、ねばりが出るまでこねて卵を混ぜる。

3

2に玉ねぎ、おからを加えて、形を整える。

4

フライパンを熱し、3をそっと入れる。焼き色がついたらひっくり返し、弱火にして1のきのこを加え、ふたをして約5分間蒸し焼きにする。

5

きのこに塩、こしょうをふり、おからバーグとともに、グリーンカールをしいた皿にのせウスターソースをかける。

Dietテク

・ねばりが出たひき肉におからを加えることで型くずれを防ぎ、また生地もしっとりやわらかに。
・ひき肉のなかでもカロリーの低い鶏肉をセレクト。

ヘルシーなシーフードカレー

おからバーグ

魚介& 野菜の蒸し煮をカレーに仕上げ、
おからでとろみを出します。おからごはんを添えて


383kcal
(1人分+おからごはん100g)

材料:2人分

●おから(生) … 50g
●セロリ … 50g
●にんじん … 1/4本
●玉ねぎ … 1/4個
●にんにく … 1かけ
●しょうが … 1かけ
●ベーコン … 1枚
●A
└水 … 1カップ
└トマトの缶詰 … 400g
└カレー粉 … 大さじ1 1/2
└赤唐辛子 … 1本
└塩 … 小さじ1強
└いか … 100g
└えび(殻つき) … 6尾
●白ワイン … 大さじ2
●おからごはん
└温ごはん100g+おから(生)100gを混ぜて電子レンジで1分間ほど温めたもの
●春菊、ラディッシュなど好みの生野菜 … 適量

1

セロリ、にんじん、玉ねぎ、にんにく、しょうが、ベーコンをみじん切りにする。

2

鍋に1と水50cc(分量外)を入れてふたをして弱火にかけ、途中で混ぜながら約10分間蒸し煮にする。

3

2の野菜がしんなりとしたら、おから、Aを加えてひと煮立ちさせる。

4

輪切りにしたいか、殻ごとのえびを白ワインでもむ。

5

3に4を加え、ときどき混ぜながら約15分間蒸し煮にする。

6

おからごはんとカレー半量を器に盛り合わせ、生野菜を添える。

Dietテク

・おからをルウがわりに使ってとろみを出す
・野菜はすりおろして煮込んでもOK
・蒸し煮で甘みを出し、煮込み時間を短縮
・汁気のあるカレーは、パラパラのおからごはんと好相性

おからの炒り煮

おからの炒り煮

おからのもっともおなじみの食べ方といえば、パラパラに炒ってから甘めに味つける炒り煮。どこか懐かしい味は、たまに無性に食べたくなります。加える具は残り野菜を応用してもOK!

材料:作りやすい分量

●おから(生) … 150g
●にんじん … 20g
●ねぎ … 30g
●油揚げ … 1/2枚
●A
└水 … 2カップ
└しょうゆ …小さじ2
└塩 … 小さじ1/3強

1

にんじん、ねぎ、油揚げをみじん切りにする。

2

フライパンに1、水大さじ2(分量外)を入れ、水分がなくなるまで炒める。

3

2におからを入れてざっと炒め合わせ、Aを加えてときどき混ぜながら煮詰める。

Point

すくって落としたときに、おからがぽとっと重めに落ちるくらいまで煮る。ただし煮詰めすぎるとポソポソになるので注意。冷凍しておくと便利。

おからの炭水化物は、ほとんどがカロリーの少ない食物繊維。腸内の掃除をして、糖質や脂質などの吸収を抑えます。カロリーは同量のごはんとくらべると31%も低くなります。茶碗1膳分(約150g)の白いごはんを食べた場合、カロリーは252kcal。一食の献立を500kcal以内にしようとすると、通常はごはんだけでカロリーの半分を占めるということになります。

日本人の主食の米は、糖質やカロリーが高めなので「食べたいけど我慢!」という場合が多いはずです。でもおからと合わせれば、見た目もたっぷり増量できて、無理なく満腹感が得られます。

米よりもカロリーの高い小麦粉を使うパンも、おからを混ぜて焼けば大幅にカロリーダウンが可能。バターや砂糖を使わないおからスコーンの場合、見た目が市販品の約4倍量になります。

大豆を煮てすりつぶし、こしたものが「豆乳」。残ったかすが「おから」。豆乳ににがりなどを加えて固めたものが「豆腐」です。おからは、お豆腐屋さんで売っている旧製法の水分が多いタイプと、スーパーなどで見かける水分が少ない新製法のタイプがあります。タイプに合わせて調理のときの水分や調味料の量を調整します。

生のおからを乾燥させパウダー状に加工したものが「おからパウダー」。水で戻したり、汁ものに加えると4~5倍にふくらみます。密閉して冷暗所や冷蔵庫で保存しておけば、いつでも使えて便利です。おからパウダーは粒子の粗いものから細かいものまで、メーカーによって状態が違います。好みの食感に合わせて選んでください。

  • 単行本: 143ページ
  • 出版社: アスコム
  • 発売日: 2013/4/18
  • このページを共有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加