広告

vol.25 - 抗酸化作用があるビタミンを知っていますか?

要点のまとめ
  • 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類のビタミンがある
  • 水溶性ビタミンはエネルギー代謝をサポートする
  • ビタミンACEは抗酸化のエース
ビタミンA、C、Eを狙え

人気エントリー »

広告

ビタミンは小腸から吸収されたあと、血管を通って肝臓まで運ばれ、再び血管を通って各組織に運ばれ、エネルギー源の代謝を補助する働きをする。ビタミンは水に溶ける水溶性ビタミンと脂肪に溶ける脂溶性ビタミンに大きく分けられる。

水溶性ビタミンのビタミンB群(ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)とビタミンCは、酵素の働きを補う補酵素して働き、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進する。これらが一つでも欠けると代謝が低下することになる。

脂溶性ビタミンのビタミンAは脂肪酸と結合して肝臓や脂肪細胞などに蓄積され、必要に応じて全身の細胞に運ばれ、成長促進や粘膜維持などの作用を行う。

ビタミンDは肝臓でコレステロールからも合成され、カルシウムの吸収を促進するほか全身の機能調整に関わる。

ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ作用があり、ビタミンKは血液凝固などに関与している。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、ともに抗酸化作用があり、活性酸素を消去して全身の細胞の老化を防ぐ働きをする。この機能から抗酸化ビタミンのACE(エース)と呼ばれている。

用語解説

脂溶性ビタミン

水に溶けにくく、油(脂)に溶けやすいビタミンの総称。水洗いや調理による損失(減少)が少なく、油と一緒に摂ることによって吸収率が高まる。過剰に摂取した場合には脂肪内など全身に脂肪に蓄積されるため、過剰症が起こることもある。水溶性ビタミンは水に溶けやすく、過剰に摂取した場合は尿とともに排泄される。

Q&Aコーナー

ビタミンが不足しないように多く摂ればよいですか?

水溶性ビタミンは多く摂りすぎても水に溶けて排泄されるので問題は起こらないのですが、脂溶性ビタミンは多く摂ると脂肪細胞の中にたまっていきます。濃くなりすぎた脂溶性ビタミンは過剰症によって健康被害を与えることがあります。太っている人は脂肪の量が多く、それだけ過剰症が起こりやすいので、摂りすぎてはいけません。

ビタミンが豊富な食品を食べていれば不足はしませんか?

ビタミンのうち水溶性ビタミンは水に溶ける性質があるので、いつ摂っても吸収されます。それに対して脂溶性ビタミンは油脂に溶けてから吸収されるので、胃の中に脂肪があるときでないと吸収されません。ビタミンAが豊富な緑黄色野菜、ビタミンDが豊富なキノコ、ビタミンEが豊富な種や豆、卵、ビタミンKが豊富な納豆などを食べるときには肉類や植物油なども摂るようにします。

ビタミンのサプリメントを摂れば不足はしませんか?

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンは一つだけを摂るよりも、複数のものが組み合わされたほうが吸収がよくなり、身体の中で使われるときも、より機能を発揮しやすくなります。多くの種類のビタミンが含まれたマルチビタミンのほか、さらにビタミンの効果を高めるミネラルも含まれたメガビタミンを摂ることが必要になることもあります。

ビタミンとミネラルはともに身体に必要な栄養素ですが、どんな違いがありますか?

ビタミンは身体の中では合成することができない有機化合物で、食品から摂る必要があります。有機化合物は炭素、水素、酸素、窒素などから構成されています。ビタミンの、それぞれの名称は物質名ではなく、機能で分類されています。例えば、ビタミンAはレチノール、レチナール、レチノイン酸などの種類があります。ミネラルは一部の種類は体内で合成されるものの、原則的には体内で体内では合成されない無機物(鉱物)で、身体の構成成分となります。

ビタミンの言葉の意味は何ですか?

ビタミン(vitamin)はvita(生命)、amine(アミン)が合わさった言葉で、アミンは窒素を含んだ有機物です。初めて発見されたビタミンB₁に、アンモニアの水素原子が炭化水素基で置き換わった化合物のアミンの性質を持っていたことから名付けられました。

《監修:NPO法人日本メディカルダイエット支援機構》
《イラスト:日暮ろこ子》

広告
広告
広告
広告

人気エントリー ピックアップ

満腹睡眠はNG

“満腹”状態での睡眠がダメな理由とは? »

広告