広告

vol.146 - たんぱく質が代謝に必要な酵素を作り出す

要点のまとめ
  • 酵素はアミノ酸から合成されている
  • 酵素食品を摂ることで代謝が高まっていく
  • 良質なたんぱく質が良質な酵素を作る
40歳を過ぎると体内酵素が減少

人気エントリー »

広告

酵素は細胞の中で化学反応を起こす成分で、酵素が正常に働くことで細胞の働きを活性させ、消化・吸収・循環・代謝・排泄などの機能を正常に保つことができる。体内の酵素はたんぱく質であり、肝臓でアミノ酸から合成されている。その合成量は、40歳を過ぎたころから減少していく。

食品に含まれているたんぱく質が、胃でアミノ酸に分解され、小腸から吸収されたあと、肝臓に運ばれて、酵素をはじめとした身体に必要なたんぱく質に合成される。良質なたんぱく質を多く摂り、肝臓で合成される酵素が増えることで、体内の酵素を増やしていくことができる。

酵素が多く含まれた発酵食品などから酵素を多く摂ることで代謝が高まり、体内の細胞からの老廃物の排出が進み、血液中に出された老廃物を肝臓で解毒化する能力も、腎臓で濾過して排出する能力も高めていくことができる。体内の酵素は、アミノ酸から合成されているため、空腹期間が長い就寝時に徐々に減少していき、起床時には大きく減少している。

朝食では必須アミノ酸が豊富に含まれる良質なたんぱく質を摂ることが大切となる。良質なたんぱく質に該当する食品は、肉類、魚類、卵類、大豆・大豆加工食品があげられる。

用語解説

良質なたんぱく質

9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているたんぱく質のこと。必須アミノ酸が一つでも必要量以下であるとアミノ酸スコアは低くなる。アミノ酸スコアが高い食品は肉類、魚介類、卵類、牛乳、大豆・大豆製品(納豆、豆腐など)。

Q&Aコーナー

夜中に寝ているときも酵素の働きを高めるには何をすればよいですか?

寝る前に食事をすると、アミノ酸が摂れたとしても、ブドウ糖や脂肪も摂れてしまうので、代謝が下がってしまいます。アミノ酸が豊富で、ブドウ糖も脂肪も少ないのは大豆や大豆製品です。アミノ酸のサプリメントなら、効果的に吸収されるので、酵素の働きを高めることができます。

肉も魚も苦手な人は大豆だけ食べていれば酵素は充分に作られますか?

大豆には必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、身体に必要なたんぱく質を補うためには必要な食品とされています。だから大豆だけを食べていれば充分だという意味ではありません。身体のたんぱく質は動物性のものなので、動物性の食品も必要です。動物性たんぱく質を少なくとも摂っていることを前提として大豆が進められているので、少しは肉や魚を食べることが必要です。

発酵させた酵素食品を食べていれば酵素が足りなくなることはありませんか?

酵素食品には、発酵させて作られた納豆や味噌、漬物などの食品と、発酵によって作られたサプリメントがあります。食品のほうは消化酵素もたんぱく質やビタミン、ミネラルなども豊富に含まれています。酵素サプリメントは発酵させて取り出した酵素や糖分などが多く、酵素の材料になるたんぱく質が多く含まれているわけではありません。たんぱく質が豊富な食品も摂るようにします。

身体の中の酵素が増えれば肌もきれいになりますか?

酵素は細胞の中の代謝を進める働きをするので、酵素食品によって消化が進めば、それだけ代謝に使われる酵素が増えることになるので、全身の代謝が高まることになります。その結果として皮膚の細胞の新陳代謝も高まっていきます。酵素食品には腸内で善玉菌の働きをする発酵菌が含まれています。加熱によって発酵菌が死んだら効果は期待できなくなりますが、善玉菌となって腸内の発酵が進めば悪玉菌が減って、腸から血液に入る毒素が減っていきます。この毒素が肌荒れの原因にもなっているので、肌をきれいにする効果は確かにあります。

《監修:NPO法人日本メディカルダイエット支援機構》
《イラスト:日暮ろこ子》

広告
広告
広告
広告

人気エントリー ピックアップ

満腹睡眠はNG

“満腹”状態での睡眠がダメな理由とは? »

広告