ダイエットクラブ

中性脂肪

ダイエットクラブ内 関連データ

飲酒をすると“脂肪の合成”が進む理由とは? - ダイエットラボ

血液中にアルコールが多い状態では、肝臓ではアルコールの分解が優先され、中性脂肪が血液中に多く放出される。その結果として、脂肪細胞の中に蓄積される脂肪が増えていくようになる。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/021805151

脂肪の合成を抑制するサプリメントとは? - ダイエットラボ

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸にはブドウ糖から中性脂肪を合成する酵素の働きを阻害して中性脂肪の蓄積を抑制する働きがある。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/02070896

脂質の代謝の仕組み - ダイエットラボ

食品に含まれる脂質のうち、リン脂質とコレステロールは、そのまま小腸から吸収される。中性脂肪は十二指腸から分泌される胆汁酸によって乳化され、膵臓から分泌される消化酵素(脂肪分解酵素)のリパーゼによって脂肪酸とグリセロールに分解される。 脂肪酸とグリセロールは小腸壁で中性脂肪に戻り、コレステロールやリン脂質、たんぱく質とともに水溶性のリポたんぱく質のカイロミクロンになってリンパ液に入り、静脈を通って、肝臓まで運ばれる。 カイロミクロンは、肝臓でリポたんぱく質のVLDL(超低比重リポたんぱく) ...

URL
https://dietclub.jp/labo/01434523

脂肪摂取はエネルギーロスが起こりにくい - ダイエットラボ

また、エネルギー摂取量が同じであれば、同じように体脂肪が蓄積されると説明されることも多いが、必ずしもエネルギー摂取量と蓄積される体脂肪の量が比例するわけではない。 食事で摂ったエネルギー源の糖質、脂質、たんぱく質は、エネルギーとして身体に蓄積されるときには、脂肪細胞の中に体脂肪として蓄積される。たんぱく質と糖質は1gあたり約4kcalのエネルギー量があるが、脂肪は1gあたりが約9kcalと2倍以上のエネルギー量がある。 中性脂肪に変換することで、少ない容積で多くのエネルギーを蓄えることが ...

URL
https://dietclub.jp/labo/02040286

血糖値を低めに保てば脂肪合成は抑制できる - ダイエットラボ

中性脂肪は、食事で摂った糖質のうちエネルギーとして使われなかったものを材料にして、肝臓で多くの量が合成されている。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/02032683

体脂肪・中性脂肪対策「ミドルケア 粉末スティック」など新発売…大正製薬 ...

体脂肪対応トクホ「ファットケアスティックカフェ」中性脂肪対応トクホ「ミドルケア 粉末スティック」. 大正製薬株式会社は7月1日から「ファットケア スティックカフェ」「ミドルケア 粉末スティック」を新発売する。 「ファットケア スティックカフェ」は、脂肪の吸収を抑えるコーヒー豆マンノオリゴ糖を配合したスティックコーヒータイプの特定保健用食品。 厳選した深煎りコーヒー豆を使用し、薫り高いテイストに仕上げた。冷たい水にもサッと溶けるので、夏の暑い時期、アイスとしても楽しめる。また、スティックタイプ ...

URL
https://dietclub.jp/news/article/2012/07/03/568.html

食欲を調整するホルモンのレプチンとは? - ダイエットラボ

日本人が太りやすい体質である原因の一つとしてレプチンの抵抗性があげられる。レプチンは食欲を調整するホルモンで、もともと日本人はレプチンが分泌されやすい。 レプチンには満腹を感じさせる作用があり、正常に働くことで食欲は抑制されている。レプチンは脂肪細胞から分泌されており、脂肪細胞内の体脂肪が増えると分泌量が高まっていく。 レプチンは、脳の視床下部に作用して、満腹中枢の働きを高めて食欲を抑制する働きをしている。また、レプチンには自律神経の交感神経にも働きかけ、中性脂肪の蓄積を抑制 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021451128

脂肪は2タイプに大きく分けられる - ダイエットラボ

脂肪は、一般には中性脂肪を指していて、エネルギー源として皮下脂肪と内臓脂肪として蓄えられている。食品に含まれている脂肪は1g当たり約9kcalの高いエネルギー量がある。 余分となったエネルギー源の糖質とたんぱく質は肝臓の中で脂肪酸に合成され、脂肪酸3個とグリセロール1個が結びついて中性脂肪となり、脂肪細胞に蓄えられる。中性脂肪酸は炭素と水素が鎖状につながった構造をしていて、その構造的な特徴から、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられる。 鎖状につながった炭素のすべてに酸素が ...

URL
https://dietclub.jp/labo/01573876

不飽和脂肪酸で脂肪の合成を抑制! - ダイエットラボ

青背魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のDAH(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、肝臓での脂肪の合成を抑えて、脂肪細胞に蓄積される中性脂肪(体脂肪)を減らすとともに、血液中の中性脂肪を減らす作用がある。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/01585080

“満腹”状態での睡眠がダメな理由とは? - ダイエットラボ

このようにコルチゾールは、寝ている間に脂肪を分解して燃焼させる大きな利点があり、体内にエネルギー源が少ないときに、体脂肪を分解して寝ているときに必要になるエネルギーに変えていく働きが強まる。 遅い時間に夕食を食べたり、夕食の食べすぎ、満腹状態での就寝といったことで、コルチゾールが分泌されにくくなる。よって、寝ている間に脂肪が分解されにくくなるだけでなく、食事で摂ったものが中性脂肪に合成されやすくなり、寝ている間に体脂肪が増加することになりかねない。 寝る3時間前には食事をしないこと ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021608138