ダイエットクラブ

魚介類

ダイエットクラブ内 関連データ

有害物質の排泄によるデトックス - ダイエットラボ

vol.148 - 有害物質の排泄によるデトックス. 要点のまとめ. 有害物質の滞在時間が長くなると大腸のリスクが高まる; 野菜と魚介類の組み合わせで発がん物質が発生する; 便通をよくして有害物質をできるだけ早く排出する. 快腸・快便でデトックス ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021740148

ミネラルとビタミンによるデトックス - ダイエットラボ

有害ミネラルを解毒・排出する作用がある必須ミネラルは、穀類、豆類、種実類、野菜類、果物類、藻類、肉類、魚介類などに多く含まれる。 必須ミネラルを摂るためには、含有量が多いものを摂るのが基本とはなるが、1種類の食品を摂った場合には、もしも汚染 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021704144

“おかずの種類”を気にすべき理由とは? - ダイエットラボ

これだけの栄養素を豊富に摂るためには肉類、魚介類、種子類、豆類、卵類、野菜、海藻など多くの種類の食品を摂らなければならない。 おかずの種類について“1日30品目”と言われたことがある。これは1985年(昭和60年)に厚生省(現在の厚生労働省)が、 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/051656153

β2アドレナリン受容体遺伝子タイプ(バナナ型)に適したダイエット方法とは ...

食事さっぱりとした食べ物が好きで、肉類、魚介類を食べる量が少ないために筋肉の量が少なく、代謝が低いことから、低脂肪の肉類、魚介類、たんぱく質の多い豆類(大豆、納豆、豆腐など)を多めに摂るようにする。 肉類は筋肉をつけるのに効果的な動物性 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021425125

たんぱく質が代謝に必要な酵素を作り出す - ダイエットラボ

用語解説. 良質なたんぱく質. 9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているたんぱく質のこと。必須アミノ酸が一つでも必要量以下であるとアミノ酸スコアは低くなる。アミノ酸スコアが高い食品は肉類、魚介類、卵類、牛乳、大豆・大豆製品(納豆、豆腐など)。

URL
https://dietclub.jp/labo/021725146

大豆を食べよう - ダイエットラボ

ただ、たんぱく質が多く含まれている食品は肉類にしても魚介類にしても脂肪が多く含まれている。 そのため、動物性たんぱく質は、ダイエットを目指しているときの食事からは減らされる傾向がある。 そこで注目したいのは植物性たんぱく質。たんぱく質は必須 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/053924178

β2アドレナリン受容体遺伝子タイプ(バナナ型)の特徴とは? - ダイエットラボ

筋肉をつけて代謝を高めながらも脂肪摂取を減らすように、低脂肪の肉類、魚介類、たんぱく質の多い豆類を多めに摂るようにする。 肉類には脂肪が多いので、できるだけ脂身の少ないササミ肉か、豚肉は脂肪を取り除いて食べるようにする。食事だけでは筋肉を ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021415124

知っておきたい避けるべき有害ミネラルとは? - ダイエットラボ

水銀による環境汚染を引き起こしたのは有機水銀(メチル水銀)で、魚介類に多く含まれることから日本人は摂取過剰のリスクが高い。また、歯科治療の詰め物であるアマルガムに含まれる金属水銀による汚染も問題視されている。過剰に摂取すると、中枢神経系 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/021638141

肝機能を強化するサプリメントとは? - ダイエットラボ

魚介類に多く含まれる含流アミノ酸のタウリンは、LDL値低下作用とともに肝機能の向上も認められている。肝機能を向上させ ... シイタケ菌糸体エキスには生シイタケの約1,500倍、干しシイタケの約150倍の栄養成分(β-グルカンやビタミン類)が含まれている。

URL
https://dietclub.jp/labo/021121111

よく噛んで、ゆっくり食べよう - ダイエットラボ

これによって食事にかかる時間が長くなり、血糖値が上昇しやすくなって、それほど多くの量でなくても満足感が得やすくなる効果を狙っている。 これを応用して、ジャガイモやニンジンは大きく切って茹ですぎない、生野菜も大きく切る、肉も小さく切らない、魚介類 ...

URL
https://dietclub.jp/labo/051806155