ダイエットクラブ

ミトコンドリア

ダイエットクラブ内 関連データ

フジ『ホンマでっかTV』ミトコンドリアに電子を与えて老化防止ダイエット ...

3月7日(水)放送のフジテレビ『ホンマでっか!?TV』は『寿命のヒミツSP!』。アンチエイジング効果が期待できると話題の『ミトコンドリア』が取り上げられていた。

URL
https://dietclub.jp/news/article/2012/03/08/230.html

赤筋を増やして運動時の脂肪分解と燃焼を盛んにしよう! - ダイエットラボ

魚では、遠方を周遊するマグロやカツオは赤身が多く、近海に生息して長時間は泳がないが瞬発性があるタイやヒラメは白身となっている。人間の筋肉も同様の性質となっている。 赤筋には、エネルギー産生を行うミトコンドリアが多く、酸素を用いて多くのエネルギーを作り出している。赤筋が刺激されると、筋繊維が強化されるだけでなく、ミトコンドリアを増やすことができるようになる。 赤筋は遅筋とも呼ばれるように、ゆっくりとした動きしかできない筋肉だが、ゆっくりとした動きを継続させることによって効果的に赤筋を刺激して ...

URL
https://dietclub.jp/labo/01472034

シャワーで褐色脂肪細胞の脂肪燃焼をアップ! - ダイエットラボ

シャワーは浴び方によってダイエット効果が高められます。その中でも人気が高いのは、全身が温まったあとに肩甲骨と、その間に当てる褐色脂肪細胞を刺激する方法。 脂肪には、脂肪を蓄積する白色脂肪細胞と、脂肪を燃焼させる働きがある褐色脂肪細胞がある。褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞に比べると非常に数が少なく、成人でも40gほど。褐色脂肪細胞が集中しているのは肩甲骨の周囲と、その間が最も多く、他には首筋、わきの下などに集中している。 褐色脂肪細胞には白色脂肪細胞の1,000倍ものミトコンドリア ...

URL
https://dietclub.jp/labo/01520551

脂肪燃焼サプリを上手に活用しよう - ダイエットラボ

脂肪の燃焼は身体が興奮状態になったほうが進みやすいので、興奮作用があるアドレナリンの分泌を高める唐辛子の成分のカプサイシンがダイエット用のサプリメントに使われている。 しかし、日本人の3割ほどはアドレナリンが分泌されても脂肪細胞にあるアドレナリン受容体の働きが低く、脂肪分解のリパーゼが働きにくくなっているために、カプサイシンの効果が得にくくなっている。 脂肪の燃焼を進めるためには、血液中の脂肪を筋肉細胞の中にあるミトコンドリアに効果的に送り込むことが必要になる。 ミトコンドリアに ...

URL
https://dietclub.jp/labo/054358216

ATPの生成を進めるサプリメントとは? - ダイエットラボ

抗酸化成分として知られるコエンザイムQ10は、筋肉細胞内のミトコンドリアで、生命のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)を合成する酵素の作用を助けるエネルギー酸性に欠かせない、脂溶性のビタミン様物質となっている。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/02074599

糖質の代謝の仕組み - ダイエットラボ

ブドウ糖をエネルギーにするのは細胞内にある小器官のミトコンドリアで、ブドウ糖がエネルギーに変換されるときには、2つの系統を経ている。1つは体内に取り込まれた酸素を使わないままエネルギーとする解糖系の代謝で、もう1つは酸素を使う有酸素系の代謝。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/01433422

脂肪の燃焼を促進するサプリメントとは? - ダイエットラボ

脂肪酸は筋肉細胞の中にあるミトコンドリアで燃焼してエネルギーとなるが、ミトコンドリアの中で脂肪酸を燃焼させるTCA回路を効果的に働かせるために必要な成分がある。それは体内にもともと備わっているα-リポ酸とL-カルニチン。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/02073198

筋肉が増えれば寝ている時にも脂肪の燃焼度が高まる! - ダイエットラボ

身体の中で脂肪酸を主に燃焼させている筋肉細胞の中には、脂肪酸を燃焼させる小器官のミトコンドリアが数多く存在している。 脂肪酸を分解させる役割をする酵素のリパーゼはミトコンドリア内にあるので、筋肉の割合が高い人ほど脂肪燃焼が進んでやせやすく、筋肉の割合が低い人ほど脂肪燃焼が進まずに太りやすいことになる。 リパーゼは、消化時には脂肪分解酵素として胃で分泌されるが、その一部は血液中に入り、そののちにミトコンドリアに取り込まれて、ミトコンドリア内で脂肪分解の促進に使われている。

URL
https://dietclub.jp/labo/01483639

脂肪の燃焼を進める「カルニチンダイエット」とは? - ダイエットラボ

L-カルニチンは、体内で脂肪の燃焼を促進する生理活性物質で、中性脂肪が分解されてできた脂肪酸が細胞内になるミトコンドリアでカルニチンと結びつくことによって、エネルギーとして燃焼させるTCA回路に効率よく運ばれていくようになる。 - 痩せたい、スリムになりたい、キレイになりたい、ダイエットクラブはそんな方々を応援します!

URL
https://dietclub.jp/labo/01415918

活性酸素を消去する抗酸化ミネラルとは? - ダイエットラボ

活性酸素は体内でエネルギーが作られるたびに発生するのに、すぐに身体に影響が現れないのは、体内に活性酸素を消去する酵素があるから。 抗酸化酵素は若い時期には働きが強く、数も多いものの、25歳を過ぎると働きが低下して、数も減っていく。いわゆる“お肌の曲がり角”と呼ばれる時期で、これを過ぎると活性酸素の影響を受けやすくなる。 抗酸化酵素はSOD酵素(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)、グルタチオンペルオキシターゼ、カタラーゼの3種類だが、SOD酵素にはマンガンを補酵素にしてミトコンドリア内で ...

URL
https://dietclub.jp/labo/020917106