やせやすい時期とやせにくい時期に合わせて効果的なダイエット

やせ期
2012年1月11日(水) 12時47分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
やせ期
やせ期
ホルモングラフ
ホルモングラフ

 女性には女性ホルモンに密接に関係した「やせやすい時期」と「やせにくい時期」があるとされる。

 生理前や生理中に極度の便秘になるという女性は多い。女性は排卵が起こると高温期に入り、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになる。黄体ホルモンは水分を保持する働きがあるため、便秘になりやすいといわれているのだ。

 また、黄体ホルモンは食欲を増進させる働きもあり、一時的に体重が増加することも考えられる。さらに、この時期はふだんより代謝や排泄機能が落ちる上、情緒不安定になりやすく、身体が糖質を求める傾向がある。
 
 一方、生理が始まってしばらくすると、こんどは卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、新陳代謝も活発になって気分も安定し、体調も回復してくる。

 生理が終わっても1週間ほどは水分や老廃物の排泄が促されるので、ダイエットの効果も出やすい時期といえる。つまり、女性にはやせやすい時期とやせにくい時期があり、それは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌に大きく関係しているというわけである。

 今の身体の状態がわかれば、体重の変動にいちいち惑わされずにすむはず。カロリーコントロールの参考に。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事