ジョギング時の消費カロリーもひと目でわかる!スマホアプリでダイエットサポート機能もついたオムロン活動量計発売

オムロン活動量計
2012年1月19日(木) 15時29分
オムロン活動量計
オムロン活動量計
スマホアプリ
スマホアプリ

 オムロン ヘルスケアは、ポケットやポーチに入れるだけでジョギング時の走行時間、距離、消費カロリーなどが測定できるジョギング計「オムロン活動量計 jog style(ジョグスタイル)HJA−312」を、2月1日(水)から発売する。

 また、同時に、ジョギングデータのグラフ表示や減量サポート機能などを搭載したAndroidアプリサービスもスタートする。

 2007年開催の東京マラソンを機に、ジョギングは身近なスポーツとして広がり、ジョギング人口も、2006年の600万人から883万人にまで増加している。仕事終わりに皇居周りを走る女性たちのために、専用のピットも設置されるほど。人気上昇にともないグッズやサービスなどジョギング関連市場も活性化し、中でも、「ジョギング計測グッズ」は、市民ランナーが買いたいアイテムのうち、シューズに次いで第2位になっている。

 今回発売するHJA−312は、歩数や1日の総消費カロリーがわかるだけでなく、ジョギング時の時間、距離、消費カロリー、ペース(1km走行にかかった時間)が、簡単に計測できる。

 また、4週間の減量目標体重(体重の4%以内)を設定すると、1週間の活動カロリー消費目標を自動設定し、減量をサポート。本体または健康管理サービス「ウェルネスリンク」の管理画面上に、目標達成インジケータや週刊目標達成度を表示するので、あとどれくらいで目標に到達できるかがわかる。しかも、目標をクリアできたらバンザイマークが表示され、モチベーションもアップ。バックライト機能も搭載し、小さくて軽いので、夜のジョギングにも活用できる。

 2月26日(日)は、6回目の東京マラソン。エントリーしているランナーはもちろん、ジョギングをダイエットに取り入れようと思っている人にとっては、ぜひ揃えておきたいアイテムだ。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事