体脂肪率16%! AKB48秋元才加のしなやかダイエット法

秋元才加
2012年2月6日(月) 21時41分
秋元才加
秋元才加
オトナへのトビラ
オトナへのトビラ

 AKB48の中でもカッコイイ体の持ち主と評判の秋元才加。昨年の東京マラソンにも初参加ながらみごと完走を果たした、メンバーの中でも指折りの体育会系だ。

 2月4日(土)にEテレでアンコール放送された『未来を幸せに生きるための新春スペシャル オトナへのトビラTV第3弾 めざせ!10代からの美BODY』では、その秋元のシェイプアップ法が紹介されていた。

 身長166センチの彼女の体脂肪率は、なんと16%!成人女性の平均が25%前後だから、かなり筋肉バランスのとれた肉体といえそう。事実、腹筋も割れているが、実は、高校時代は体重68キロのぽっちゃり体型で、大好きな食べ放題に週3回通うほどの食べっぷりだったという。

 AKB48に入ると、メンバーの皆が細くて華奢だったので、ダイエットを決意。最初は、3時間お風呂に入りっぱなしで、のぼせて頭痛を起こしたり、1日に筋トレを何100回もやったりと、無理なダイエットのしすぎで体調を崩し、救急車で運ばれたこともあったとか。

そうしてたどり着いた方法は、「無理せず体の内側から鍛える」。空いた時間に手軽にするのを基本とし、「体幹」を鍛えるエクササイズを中心に行っている。

「ALIKO(アルインコ)エクササイズポールEXP200」を使って、ポールの上に寝そべり、そたままバランスをとりながら本を読むなど、腹筋やお尻の筋肉を鍛えているそうだ。

 また、ダンスレッスンの前後には必ずストレッチをする。事前に行うと、発汗作用が上がり、効率的に脂肪が燃焼される。ダンスをしていると体のズレを感じたりすることもあり、自分の体に素直に耳を傾けることが大事だという。

 さらに、食事は、できるだけ温かいものを食べるようにしているとのこと。キャベツ、ブロッコリー、ニンジン、きのこ、じゃがいもなどがたっぷり入った温かい野菜スープを、移動先にも持参する。

 5月に上演される『ローマの休日』で初の主役を演じる秋元。永遠の妖精と呼ばれた名女優オードリー・へプバーンが演じたアン王女役に挑戦するが、健康的にやせたしなやかな体で、新たな成長ぶりを見せてくれるだろう。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事