体重を落とすだけではない。美しいカラダづくりの秘訣は「美筋習慣」にあり!

ウイダーinバー プロテイン
2012年3月29日(木) 15時10分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
ウイダーinバー プロテイン
ウイダーinバー プロテイン
パーソナルトレーナー 大西仁美
パーソナルトレーナー 大西仁美

 森永製菓は、2012年3月から、美味しく手軽にプロテインを補給できるバータイプのウェファー「ウィダーinバー プロテイン」を発売する。

 発売にあたり、同社では25~39歳の女性500名を対象に、「カラダづくり」に関する意識調査を行った。

 まず、「あなたはカラダに自信がありますか?」と聞いたところ、「自信がある」と答えた女性はわずか9%という結果に。71%と、ほとんどの女性は「自信がない」と回答した。

 では、女性達はどのようなカラダになりたいのだろうか。「あなたの理想のカラダはどのようなものですか?」と聞いたところ、最も多かったのは「健康的でメリハリのあるカラダ」で74%。「グラマラスでセクシーなカラダ」(11%)、「細くスレンダーなカラダ」(10%)などを大きく上回る結果となった。

 しかし、理想のカラダに近づくために具体的な行動ができている人は少ないようで、「今、あなたは定期的にカラダを鍛えていますか?」という質問に対し、71%が「鍛えていない」と回答。また、「カラダを鍛えなければと焦りを感じることはありませんか?」という質問には88%が「ある」と回答したほか、「カラダを鍛え始めたけれども、目標に達する前に挫折した経験はありますか?」という質問にも、63%が「ある」と答えた。「カラダを鍛えたい」とは思いつつも、続けられていない女性が多いようだ。

 美しいカラダづくりのポイントや、継続してカラダを鍛えるためのコツについて、パーソナルトレーナーの大西仁美さんに話をうかがった。

 『年齢を重ねてもキレイなカラダでいるためには、「しなやかな筋肉がついたメリハリのあるカラダ」であることが求められます。日本ではあまりフォーカスされていませんが、ミス・ユニバースの候補者やハリウッド女優などは、実は過酷な筋力トレーニングをしています。海外のハリウッドスターは、たとえスタイルが完璧ではなくても、筋肉トレーニングによってカラダが締まっているので、結果的にキレイに見えるのです。日本の女性は「体重を落とす」「脂肪を落とす」ということにばかり目がいきがちで、「筋肉をつける」ことの大切さに気付いていない人が非常に多いように思われます。ぜひ、意識的に筋肉を鍛えることで美しいカラダをつくる、自分なりの「美筋習慣」を取り入れてほしいと思います。ちなみに、筋肉を鍛えるということは、心を鍛えるということにもつながります。心が強くなると逆境にも耐えられるので、気持ちも前向きになりますよね。そうすると、カラダはもちろんのこと、顔や表情にも、それがあらわれてくるのだと思います』

 大西さんは、効率よくカラダを鍛えるためには「運動」の方法だけではなく、「食」にも気を使う必要があるという。

 『「食べるタイミング」や「食べる内容」が非常に重要なのです。女性には、「運動した後に食べるのはNG」と誤解している人が多いのですが、筋トレをした後は、むしろ食べたほうが良いのです。筋トレをしたときに使ってしまった栄養素、「炭水化物」や「タンパク質」を摂取してあげることが大切です。特に“美筋ボディー”を作るには「タンパク質」は欠かせません。筋力トレーニングをすると、筋繊維が破壊されます。そして、それらを修復するときに、筋繊維が太くなり、その結果、筋肉がつくようになります』

 この筋繊維の「修復」のときに最も必要になるのが、「タンパク質」だ。筋トレのときにプロテインを飲む人を見かけたことがある人も多いだろうが、「プロテイン=タンパク質」だから、これは「効率よく」筋肉をつけるための行動といえる。

 『「筋トレ」、「プロテイン」と聞くとムキムキなカラダをイメージしがちですが、決してそうではないのです。筋肉がつくと代謝があがってカロリーも消費しやすくなり、健康的な女性らしいカラダを一生維持しやすくなります。私は筋トレの後には必ずプロテインを摂取しますし、パーソナルトレーニングのクライアントにも、プロテインを摂るように勧めています』
大西さんはそう語る。

 『美しいカラダづくりのポイントは、Trans4fit=(1)運動、(2)栄養、(3)心、(4)時間管理の4つです。運動や食事はよく言われていることですが、トレーニングを持続させるための強い「心」や、運動する時間をきちんと確保する「時間管理」のコントロールも大切です。また、「一気にやろうとしないこと」も重要。いきなり頑張り過ぎても長続きはしません。自分のペースで1個1個クリアして次に進むことが重要です。「運動する」ことがはじまりでなくても、まずは「朝ごはんを毎日食べよう」といったところからスタートしても構いません。自分のペースで続けていき、その習慣をキープしていくことが大切だと思います。さらに、習慣化する上では「自分らしく楽しむ」ということも大事です。美しいカラダづくりは、短期的なものではなく、一生続けていくもの。無理なく続けられるような、「自分らしい」「楽しい」と思える方法を選びましょう』

 森永製菓では、「ウィダーinバー プロテイン」の提供を通じて、女性たちに向けて「美筋習慣」という考え方を提唱している。「美筋習慣」とは、しなやかで美しいカラダをつくるために、日常生活において意識的に筋肉を鍛える習慣のことを意味する。同社では、運動や食生活に関するさまざまな情報や、おいしく手軽に栄養補給ができる製品の提供を通じて、女性の「美筋習慣」を支援していく予定だ。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事