広告

アナタはどの「おつかれ学部」…日本おつかれ大学 オルニチン学部」開校決定

日本おつかれ大学
2012年4月16日(月) 15時45分
日本おつかれ大学
日本おつかれ大学

 しじみに多く含まれるアミノ酸成分、オルニチンは、肝臓の働きを活発にし、肝臓の機能低下に伴う疲労の回復への効果が注目されている。

 そのオルニチンについての正しい情報を発信する『日本おつかれ大学オルニチン学部』が、4月9日に開校予告サイトをオープンした。

 日本おつかれ大学は「世の中から疲れをなくす」唯一の大学として「創立」されたwebコンテンツ。5月の本開校を前に、開校予告サイトでは入学式と銘打って、ユーザーが生年月日と簡単な質問に回答すると、12種類の中から自分に一番近い「おつかれスタイル」を判定してくれるコンテンツを公開している。

 「しごと疲れ」「おこり疲れ」「あそび疲れ」など、疲れの原因となりそうな要素を分析し、「おつかれスタイル」を判定してくれる。その結果を「おつかれ大学入学試験結果発表」として知らせ、12の学科から、それぞれの疲れのタイプに合った学科を紹介する。

 また、「おつかれスタイル」に合わせた対処法も紹介。たとえば、「あそび疲れ」と診断された人には、「学業や仕事に響かない遊び方」を、「き(気)疲れ」の人には「ちょっとだけ気持ちが軽くなる方法」というように、タイプ別の対処の方向性が提示され、おススメのオルニチン配合商品も紹介してくれるしくみだ。

 5月の本開校の際には、学長の、その名も「オルニ・チン」のあいさつも予定。その正体はまだ不明だが、誰もが知っている某直木賞作家とのウワサ。こんな趣向で、栄養成分の知識を養えたら、ダイエットも面白くなるかもしれない。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告