広告

1日に必要な野菜の3分の1をスープで、 「7種の野菜を食べるスープ 鶏しお」新登場

7種の野菜を食べるスープ 鶏しお
2012年5月17日(木) 20時30分
7種の野菜を食べるスープ 鶏しお
7種の野菜を食べるスープ 鶏しお
東洋水産
東洋水産

 ダイエットに限らず、野菜をたっぷり食べることは、健康を維持するための第一条件。厚生労働省は、成人の1日当たりに必要な野菜摂取量を350gと推奨しているが、その3分の1を手軽に摂れるカップスープが登場した。

 マルちゃんの『7種の野菜を食べるスープ 鶏しお』。5月28日(月)より全国で発売される。

 具材には、キャベツ、玉ねぎ、ネギ、にんじん、さやえんどう、にら、コーンの7種の野菜を使用。食感や栄養素が失われにくいフリーズドライ製法で、野菜の旨味を活かし、チキンエキスをベースに、黒胡椒でアクセントをつけた鶏塩味のスープ。カロリーも51kcalとぐっと控えめとなっている。

 「7種の野菜を食べるスープ」シリーズは、野菜をふんだんに使用した、満足感があり、かつ低カロリーの「食べるスープ」。今年2月に発売されて好評の「鶏だし中華」「ピリ辛味噌」に、この鶏しお味が加わった。

 食生活が偏りがちの人や、手軽においしく野菜を食べたい人、もちろんダイエット中の人にもおススメだ。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告