広告

エイジングケアブランド「エディーバ」誕生…生物由来成分でエイジレスビューティーに

ヘビ毒ペプチド
2012年6月21日(木) 12時22分
ヘビ毒ペプチド
ヘビ毒ペプチド
ヘビ毒ペプチド シンエイク
ヘビ毒ペプチド シンエイク
EDIVA WRINKLE CREAM
EDIVA WRINKLE CREAM

  常盤薬品工業株式会社は、30代後半~40代のアラフォー女性に向けてエイジングケアを目的とした新スキンケアブランド「エディーバ」から、「リンクルクリーム SA」「リンクルセラム SA」を7月24日に発売する。

 「いつまでもキレイでいたい。年齢を感じさせない肌でいたい。」そんなエイジレス・ビューティをめざすアラフォー女性が増えている。中でも、常に新しい美容情報や化粧品に関心をもち、積極的に自分の美を磨いている女性たちに注目されているのが、カタツムリ粘液成分やヘビ毒をモデルに開発された「シンエイク」という「生物由来成分配合の化粧品」だ。

 新ブランド「エディーバ」は、シワに効果があると言われるヘビ毒に着目し、オリジナル成分「ヘビ毒ペプチドBTX(シンエイクなどの美容成分10種類など贅沢配合)」と、「リンゴ果実培養細胞エキス」の2種類の新規成分を組み合わせた。上質なうるおいと弾力を肌に目覚めさせ、若々しいお肌へ導いていく。うっとり心地よいエレガントローズ(天然ローズアロマ配合)の香りで、リラックス効果も期待できる。

 「エディーバ」は、いつまでも美しい肌を目指す女性たちを力強くサポートしていくだろう。

《》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告