スマホにデータ転送もできる体重計…オムロン体重体組成計「HBF-215F」が新発売

オムロン体重体組成計 HBF-215F
2012年6月21日(木) 16時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
オムロン体重体組成計 HBF-215F
オムロン体重体組成計 HBF-215F

 現在、ダイエッターたちに欠かせないものは、体重・体脂肪率がしっかりチェックできる体重体組成計だろう。

 オムロン へルスケア株式会社は、パソコンやAndroidスマートフォンに、簡単に「体重や体脂肪率などの測定データを転送できる通信機能」を搭載した体重体組成計の新商品、「オムロン 体重体組成計 HBF-215F カラダスキャン」(以下HBF-215F)を、6月20日から発売する。
                              ◇
 オムロンは、コンパクトで収納に便利な体重体組成計「HBF-214/HBF-212」を昨年9月20日に発売。薄型で表面がガラス仕様のおしゃれなデザインが受け入れられ、体重体組成計の販売台数シェアで1位(HBF-214)、2位(HBF-212)を獲得している。

 今回発売する「HBF-215F」は、HBF-214のデザイン・機能はそのままで、新たに通信機能を搭載した体重体組成計だ。本体に「おサイフケータイ機能付きAndroidスマートフォン」や携帯電話、別売のUSB通信トレイをかざすだけで、オムロンの健康管理サービス「ウェルネスリンク」にデータを転送する。パソコンで毎日の測定結果をグラフ管理したり、Androidスマートフォンの「朝晩ダイエット」アプリや「ゆるぴかダイエット」アプリで、簡単にダイエットの成果がチェックしたりできる。

 厚さ28mmの薄型で、基本機能(体重・体脂肪率・骨格筋率・内臓脂肪レベル・基礎代謝・BMI・体年齢)を備え、個人データを4人分登録できるので、家族の健康管理にもぴったり。

 色はホワイト、ブラック、ピンクの3色が用意してある。

 こだわり抜いた体重体組成計で、楽しくダイエットに励んでみてはいかが?

《》

関連記事