アラサー前後の「肌・体の変化」アンケート実施・・・「ビタミンC」の効果とは?

質問「アラサーになってから感じるようになった肌や体の変化は?」
2012年7月2日(月) 18時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
質問「アラサーになってから感じるようになった肌や体の変化は?」
質問「アラサーになってから感じるようになった肌や体の変化は?」
質問「現在、健康や美容のために意識して摂っている成分は?」
質問「現在、健康や美容のために意識して摂っている成分は?」
質問「ビタミンCの効果・特徴を知っている?」
質問「ビタミンCの効果・特徴を知っている?」
ハイシー1000
ハイシー1000
ハイシーL
ハイシーL

 武田薬品工業株式会社は、25~34歳の「アラサー」女性500名を対象に「肌やカラダの変化」に関する意識・実態調査を実施した。

 今回の調査からは、女性たちが20代後半~30代前半を迎えてから感じるようになった肌や体の具体的な変化や、その対策として摂取している成分などが判明した。

 まず「アラサー(20代後半~30代前半)になってから感じるようになった肌や体の変化」について質問をしたところ、「しみへの恐怖感がでてきた」(72%)、「疲れやすくなった、疲れがとれにくくなった」(71%)、「肌のシワが気になりだした」(69%)、「肌のハリが気になりだした」(69%)などが上位にあがった。

 具体的な変化としては、「徹夜して起きると、肌がボロボロになる。(25歳・福井県)」、「急激にしみが増えた。(31歳・奈良県)」、「今までほとんど風邪をひかなかったのに、年に何回も風邪をひくようになった。(29歳・新潟県)」などの声があがり、多くのアラサー女性が、年齢による肌やカラダの変化を感じていることが分かった。

 続いて、「20代後半~30代前半になってから、新しくはじめたことや、意識して行うようになったことはある?」という質問には、58%が「ある」と回答。

 具体的な内容を聞くと、「積極的にウォーキングをするようになった。(26歳・愛知県)」、「朝と夜で、別々の化粧水を使うようになった。(34歳・青森県)」、「エステに通い始めた。(30歳・東京都)」、「栄養サプリメントを摂取しはじめた。(32歳・千葉県)」などの声が挙がった。

 さらに、「現在、美容や健康のために意識して摂っている成分はある?」との質問には、アラサー女性の69%が「ある」と回答。

 具体的にどのような成分を摂取しているかを聞くと、「ビタミンC」(45%)が最も多く、以下、「食物繊維」(24%)、「コラーゲン」(21%)、「乳酸菌」(19%)、「鉄」(18%)と続いた。

 また、「ビタミンC」の具体的な摂取方法としては「野菜や果物」(71%)、「野菜や果物入りのジュース」(48%)、「ビタミンCのサプリメントや栄養補助食品」(40%)、「ビタミンC入りのドリンクやゼリー飲料」(29%)などが多く挙がり、食品やサプリメントで「ビタミンC」を摂取する女性が多数派であることが分かった。

 「ビタミンC」の特徴と摂取のポイントについて、「ビタミンC」研究の世界的権威として知られる佐賀大学名誉教授・村田晃先生がコメントを寄せた。

 「体内のビタミンCは、加齢やストレスによって減少していく。また、お肌にハリ・ツヤを与えるコラーゲンを作りだすためにはビタミンCが必要。積極的に摂取していくのがよい。また、人間は体内でビタミンCを作ることができない。食べ物やサプリメントなどで摂取していくしかないが、サプリメントと医薬品では違いがあり、医薬品は厚生労働省などの機関の厳しい審査を合格しているので、品質は安心であるといえる。サプリメントは栄養バランスの偏りを補助する目的の食品であるため、効能・効果はうたえない」とのことだ。

 ビタミンCには美肌効果だけではなく、ダイエット時に不足しがちな鉄分を補給する働きもある。体内では作り出せないビタミンC。美容と健康のために、こまめに摂取していくのが大事だろう。


武田薬品工業株式会社・ビタミンC医薬品

・ハイシーL(第3類医薬品)
しみ・そばかすの緩和、肉体疲労時のビタミンC補給。
服用しやすいほのかな甘味と酸味。、口の中で溶かすか、かみくだいて服用する黄色の錠剤タイプ。

・ハイシー1000(第3類医薬品)
しみ・そばかすの緩和、肉体疲労時のビタミンC補給。
サッと溶け、ほのかな甘みと酸味で、飲みやすい黄色の微粒状の散剤(細粒)タイプ。

《》

関連記事