川崎・横浜1位2位…スポーツクラブに関するアンケート

スポーツクラブの登録件数と1世帯当たりの年間スポーツ施設利用料
2012年7月27日(金) 18時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
スポーツクラブの登録件数と1世帯当たりの年間スポーツ施設利用料
スポーツクラブの登録件数と1世帯当たりの年間スポーツ施設利用料
人口10万人当たりのスポーツクラブ登録件数による偏差値
人口10万人当たりのスポーツクラブ登録件数による偏差値
都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(全世帯)の年間スポーツクラブ利用料
都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(全世帯)の年間スポーツクラブ利用料

 さまざまなマーケティング情報を提供しているNTTタウンページは、自社が運営する販促・マーケティング支援サイト「TPDB.jp」の特別企画として、独自に抽出した都道府県ランキングを発表した。

 タウンページデータベースに登録されているスポーツクラブの件数は、厚生労働省が「健康づくりのための運動指針2006」を定めた2006年から2011年にかけ、1,751件から4,092件と、実に2倍以上に伸びた。人口10万人当たりの件数では、長野県(4.97件)がトップで、鳥取県(4.75件)、宮崎県(4.41件)、愛媛県(4.26件)、滋賀県(4.04件)と地方都市が続き、東京都は3.65件で10位という結果が判明。

 また、スポーツクラブの登録件数の増加に対し、総務省の「家計調査(2011年)」を参考に、施設使用の支出が多い地域を調べたところ、川崎市(11,875円)・横浜市(7,591円)の神奈川県勢が1位、2位を記録。

 3位以降は鹿児島市(6,884円)、さいたま市(6,498円)、松山市(6,114円)と続く。少なかったのは、佐賀市(711円)、和歌山市(1,031円)、青森市(1,213円)、徳島市(1,392円)、甲府市(1,478円)という順になる。川崎市の支出額は、佐賀市の16.7倍にも昇るという事実が分かった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事