脱げやすいサンダルが足にしっかりフィット…靴脱げ対策クッションパッド他発売

フットソリューションシリーズ「つま先コンフォート」「靴脱げ対策クッションパッド」
2012年8月1日(水) 18時00分
フットソリューションシリーズ「つま先コンフォート」「靴脱げ対策クッションパッド」
フットソリューションシリーズ「つま先コンフォート」「靴脱げ対策クッションパッド」

 靴用品メーカーのコロンブスは、大きめの靴を履く時に足が前にずれるのを防ぐ「つま先コンフォート」と、靴を脱げにくくする「靴脱げ対策クッションパッド」を発売する。

 同社は、靴のサイズ調整や靴ズレ防止、足の疲労緩和をサポートする「新フットソリューション」シリーズを、2012年春から発売している。このシリーズからの新商品となる。

 夏向けの靴は、足の露出が多い分「歩行時に靴がフィットしない・脱げやすい」などの悩みが多くなってくる。

 「つま先コンフォート」は、歩くと靴内で前に滑りやすいときに使うパッド。足指の付け根から土ふまず周辺までの範囲にこのパッドを敷くことで、フィット感が増し、足が前に滑るのを防ぐ仕組み。1.0ミリ・2.0ミリ・3..0ミリタイプが揃っている。また、取り外して水洗いすることも可能となっているので、汗が気になる夏も衛生的に使用できるようになっているという。

 「靴脱げ対策クッションパッド」は、かかと部分に緩みがあり、脱げやすい場合に使える商品。

 靴のかかと部分にパッドをセットすることで、靴との間にできる隙間を調節。フィット感を高めるために、立体的にかかとを包み込む形状に設計されている。

 素材には低反発ウレタンを使用。クッション性が高いため、かかとを優しく包みこみ、靴を脱げにくくする作りだ。

 つい、マメを作ってしまったり、皮がめくれやすくなってしまう季節。購買者の高いニーズが期待できる商品になりそうだ。

《》

関連記事