『イマドキ男女』は、実は『ハラマキ男女』だった!?

お腹を下してしまった原因は何ですか?
2012年12月25日(火) 16時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
お腹を下してしまった原因は何ですか?
お腹を下してしまった原因は何ですか?
お腹の冷え対策として行ったことがあるものは何ですか?
お腹の冷え対策として行ったことがあるものは何ですか?
対策をしていてもお腹が冷えて下してしまったことはありますか?
対策をしていてもお腹が冷えて下してしまったことはありますか?
お腹を下してしまったときに対処しますか?
お腹を下してしまったときに対処しますか?

 大幸薬品は、腹を冷やしやすいこれからの季節に合わせて、「イマドキ男女の『冬のお腹事情』に関する調査」を実施した。

 寒さが本格化するこれからの季節は、気温の変化などで体が冷えてしまい、胃腸の調子がおかしくなった経験をしたことがあるという人も多いのではないだろうか。今回の調査では、20代の『イマドキ男女』にフォーカスし、腹を下してしまう原因や対策などについて調査した。

 今回の調査では、「お腹が弱い」という人たちを調査対象としている。はじめに、「お腹を下してしまう原因」として、頻度の多いものを複数回答で選んでもらった。最も多くの人に選ばれた原因は、71パーセントが選んだ「お腹の冷え」。以下、「ストレス」(63パーセント)、「暴飲暴食」(49パーセント)と続く。実際に、「お腹の冷え」が原因で、「お腹を下したことがある」と答えた人は実に96パーセントにのぼった。これからの寒い季節は「お腹の冷え対策」が、腹の不調を防ぐ、ひとつの有効な手段であると考えられる。

 そこで、「お腹の冷え対策」について調べた。まず、「お腹の冷え対策を行ったことはあるか」と聞いたところ、「ある」と答えた人は85パーセントで、8割以上が、「お腹の冷え対策」を行った経験があることが明らかになった。試したことのある「お腹の冷え対策」を複数回答で聞いたところ、「温かいものを食べるようにする」が65パーセントで最も多く、以下、「腹巻を着用する」(50パーセント)、「肌着を着用する」(49パーセント)、「カイロを貼る」(47パーセント)の順に実践している人が多いことが分かった。

 次に、これらの対策方法の内、「最も効果的だと思う対策」について聞くと、「腹巻を着用する」が23パーセントで最多。最近では、特設売り場を設けるデパートもあるほど腹巻は品揃えが豊富になりつつある。また、デザインにこだわったものも増え、若者の使用が増えているようだ。特に、『腹巻を愛用する男性』は注目度が高く、「ハラマキ男子」というワードで、いくつかのメディアで取り上げられている。同調査でも、「『ハラマキ男子』という言葉をテレビや雑誌、インターネットなどのメディアで見たり、聞いたりしたことがあるか」と聞くと、24パーセントが「ある」と答え、「ハラマキ男子」の認知率は既に4人に1人に及ぶことが分かった。

 しかし、どんなに対策をしっかり行っていても腹を下してしまう時はあるようで、「対策をしていてもお腹が冷えて下してしまったことはあるか」という問いに対して「ある」と答えた人は92パーセントにのぼった。腹を下してしまった時に最も行う頻度が多い対処法を聞くと、「我慢する」(27パーセント)と答えた人が「特に対処しない」(5パーセント)と答えた人と合わせて32パーセントと、3人に1人が腹を下していても対処せずに我慢していることが明らかになった。様々な工夫が凝らされている「お腹の冷え対策」に比べ、下した後の対処法はないという人も多いようである。

 腹を下してしまった際の対処法として、「最も効率的だと思う対処法は何か」という質問をすると、「薬を服用する」が37パーセントで最多。実際には、3人に1人の「お腹を下してしまっても、何もせず、我慢するだけ」という『イマドキ男女』の間でも、「いざという時の薬」に対する信頼は強いと言えるのかもしれない。

《浦和 武蔵》

関連記事