『ツーキニスト』のための小径折りたたみ自転車登場

FX14
2013年1月9日(水) 11時00分
FX14
FX14
FX14(折りたたみ時)
FX14(折りたたみ時)
ブルーアルマイトが施された、鮮やかな色のハブ
ブルーアルマイトが施された、鮮やかな色のハブ
ブルーアルマイトが施された、鮮やかな色のニップル
ブルーアルマイトが施された、鮮やかな色のニップル
FX14
FX14

 ビーズは、同社の自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、20インチの折りたたみ自転車、FXシリーズに新色のFX14 PALMENDIEB(パルメンディブ)を発売する。

 FX シリーズは「X」を思わせる直線で構成された男性的なフレームが特徴。新モデルFX14は多重塗装による深いメタリックブルーが印象的なモデルになっている。フレームのみならず、車輪の中央に位置するパーツ「ハブ」や、ハブから伸びるスポークとリムの接合部分である「ニップル」に、ブルーのアルマイト加工が施されたパーツを使用し、最初からカスタムされているかのような個性的なルックスを実現している。

 ホイールベース(前後タイヤの中心部の距離)を一般的なミニベロよりも長く設定することによって、走行時のふらつきを抑えるとともに、「X」型のフレーム形状によりハンドル位置を高く設定することが可能となり、身長のある男性でも乗りやすい仕様にした。このため、スポーツバイクにありがちな前傾姿勢ではなくアップライトな姿勢で楽に乗車でき、スーツでの乗車時に感じられる肩周りの窮屈さも軽減されるため、通勤用に適したスポーツミニベロといえるモデルである。

《浦和 武蔵》

関連記事