ネットとリアルは別人!?4割が人格を『使い分けている』ことが判明

友人や知人に、利用していることを知らせていないソーシャルメディアはありますか?
2013年4月25日(木) 11時34分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
友人や知人に、利用していることを知らせていないソーシャルメディアはありますか?
友人や知人に、利用していることを知らせていないソーシャルメディアはありますか?
匿名で登録しているメディアと実名で登録しているメディアとでは投稿内容を変えていますか?
匿名で登録しているメディアと実名で登録しているメディアとでは投稿内容を変えていますか?
ソーシャルメディア上とリアルで人格が異なる人を見てどのように感じますか?
ソーシャルメディア上とリアルで人格が異なる人を見てどのように感じますか?

 トレンド総研は、SNSユーザーの20~30代男女300人を対象に、SNSにおける自己表現がどのようになっているのか「SNS上の人格事情」をテーマにした調査を実施した。

 はじめに、「あなたがアカウントを持っているSNSは何ですか?」と聞いたところ、「Twitter」が89.3パーセントと最も多く、「Facebook」が69.0パーセント、「mixi」が62.0パーセントで続いた。次に、「日常的に使っているSNSは何ですか?」と聞いたところ、「Twitter」74.0パーセント、「Facebook」60.3パーセント、「mixi」37.0パーセントとなった。また、SNSの使い方として、37.3パーセントの人が「友人・知人の誰にも知らせていないメディアがある」と答えた。

 匿名か実名のどちらでSNSに登録しているかを聞いたところ、実名制の「Facebook」は20.8パーセントの人が、「Twitter」は80.6パーセントの人が、「匿名で登録している」と答えた。匿名と実名両方でSNSに登録している人は、52.7パーセントの人が登録しているSNSによって「投稿内容を変えている」と回答した。公私で使い分けているという意見や、ネット上での自分の世界を持ちたいという意見が挙げられた。

 また、「あなたはSNS(Facebook、Twitter、mixi、ブログなど)上とリアル上(実際)で、キャラクター(人格)を使い分けていますか?」と聞いたところ、「意識的に使い分けている」という人が25.3パーセント、「無意識のうちに変わっている」人が16.3パーセントと、4割以上が人格を使い分けていることがわかった。

《浦和 武蔵》

関連記事