秋葉原駅前に、「日本の食」をテーマにした施設が7月にオープン

系列店『日本百貨店』の外観
2013年5月10日(金) 08時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
系列店『日本百貨店』の外観
系列店『日本百貨店』の外観
系列店『日本百貨店』の店舗内
系列店『日本百貨店』の店舗内
『日本百貨店 しょくひんかん』で販売する商品の一部
『日本百貨店 しょくひんかん』で販売する商品の一部
『日本百貨店 しょくひんかん』の店舗地図
『日本百貨店 しょくひんかん』の店舗地図

 小売店舗運営会社のコンタンは、本年7月、東京・秋葉原駅前に、「日本の食」をキーワードにしたテーマパーク『日本百貨店 しょくひんかん』をオープンすると発表した。

 同テーマパークは、“モノづくり”と“日本の優れもの”をコンセプトにしたショッピング施設で、日本各地の職人たち手がけた工芸品や、地域ごとの風土の中で生まれた食品などを販売。単なる“売り場=売る場所”ではなく、つくり手と使い手の出会いの場を提供するために、店舗内では職人による実演販売や体験、ワークショップなどを随時実施するという。

 なお、2010年12月に、御徒町駅と秋葉原駅を結ぶ高架の中間地点に建てられた商業施設「2k540」内には、系列店の『日本百貨店』がある。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事