「サン宝石」発のキャラクター・ほっぺちゃんが『小型液晶ゲーム』で登場

スイ☆コレ(ピンク)
2013年6月13日(木) 12時00分
スイ☆コレ(ピンク)
スイ☆コレ(ピンク)
スイ☆コレ(ミズイロ)
スイ☆コレ(ミズイロ)
スイ☆コレ(パープル)
スイ☆コレ(パープル)
スイコミ通信(タブレット)
スイコミ通信(タブレット)
スイコミ通信(友達同士)
スイコミ通信(友達同士)

 タカラトミーは、サン宝石のオリジナルキャラクター「ほっぺちゃん」の玩具を7月から順次発売すると発表した。

 メイン商品として、小型液晶ゲーム『スイ☆コレ』全3種(5,229円)を、8月3日から、全国玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場などで発売する。

 ほっぺちゃんとは、サン宝石が発売する、ホイップクリームのような形のオリジナルキャラクター。2010年に誕生し、女子小学生の間で話題となり、3年間のグッズの累計販売数は1,000万個を突破している。

 「スイ☆コレ」は、レシピを集めてスイーツを作ったり部屋の模様替えをすることで、ほっぺちゃんを家に招待したり、専用の映像から「スイコミ通信」してほっぺちゃんを吸い取ったりして、ほっぺちゃんのコレクションを楽しめる。

 同商品の特徴は、「スイコミ通信」と呼ばれる新ギミックで、専用の映像を映した画面に本体をかざせば、画面からほっぺちゃんが吸い取られるかのように、液晶画面内に移動する。ぽよんぽよんと体を揺らしながら現れ、ぎゅ~っと吸い取られていく様子は、やわらかい素材でできたほっぺちゃんの動きを表現している。

 吸い取られたほっぺちゃんは本体内のアルバムに保存され、プロフィールを見ることができるが、まだ登録されていない種類は『?』と表示されており、150種類をコンプリートするまでの過程も楽しむことができる。

 「スイコミ通信」は、本体裏の「すいこみ口」からほっぺちゃんのデータを受信できる新しい技術を活用している。映像は、専用のDVDをセットしたテレビをはじめ、Web動画、店頭のモニター、専用アプリ「ほっぺちゃんスイコレパーク」をダウンロードしたスマートフォンやタブレット、友達の「スイ☆コレ」の画面が対象となっており、さまざまなシチュエーションでほっぺちゃんを探し出し、コレクションを増やして楽しむことができるという。

《浦和 武蔵》

関連記事