ごはんとおかずの同時調理を実現した炊飯ジャー…8月21日発売

みんなのtacook
2013年7月16日(火) 19時00分
みんなのtacook
みんなのtacook
ごはんとおかずが同時にできる仕組み
ごはんとおかずが同時にできる仕組み
「土鍋コーティング」と「W銅入5層遠赤特厚釜(2.5cm)」の採用
「土鍋コーティング」と「W銅入5層遠赤特厚釜(2.5cm)」の採用
ふたを丸洗いできる新構造
ふたを丸洗いできる新構造

 タイガー魔法瓶は、ごはんとおかずを同時に調理できる炊飯ジャー「tacook(タクック)」シリーズの新タイプとして『みんなのtacook』(品番:JKT-S100、JKT-S180、JKT-A100、JKT-A180) を、8月21日に発売する。

 「tacook」は、ひとり暮らしの働く女性向けに、2012年2月に発売された炊飯ジャー。本体に内なべとクッキングプレートを装備することにより、ごはんとおかずを同時に調理できる。今回発売される『みんなのtacook』は、大きいサイズが欲しいという声にこたえ、子どもがいるファミリー層をターゲットに、さまざまな同時調理メニューが楽しめるファミリーサイズ(5.5合炊き、1升炊き)を発売する。

 同商品は「土鍋コーティング」や「W銅入5層遠赤特厚釜(2.5cm)」を搭載。さらに、米本来の甘み(旨み)を引き出す約130度(なべ底温度)を発揮する高加熱「剛火(つよび)IH」を採用している。また、手入れのしやすさ、使いやすさにもこだわり、ふたを分解して取り外しができるため丸洗いが可能で、“おねば”がついても剥がれやすい「お手入れシボフレーム」や「オレンジクリア液晶」を新たに装備している。

《浦和 武蔵》

関連記事