スマホを使う目的は何? …スマホユーザー1,000人調査

スマートフォンでのSNS利用経験率
2013年8月2日(金) 19時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
スマートフォンでのSNS利用経験率
スマートフォンでのSNS利用経験率
SNSはスマートフォンのみで利用
SNSはスマートフォンのみで利用
スマートフォンでのSNS利用経験
スマートフォンでのSNS利用経験
スマートフォンでのSNS利用頻度
スマートフォンでのSNS利用頻度
ネット上にプライベートな情報を公開することへの抵抗感
ネット上にプライベートな情報を公開することへの抵抗感

 博報堂DYホールディングスの「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」は、日本のスマートフォンの普及状況を浮き彫りにするため、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」を実施しており、6月に行った第6回調査の結果を発表した。

 その結果、スマートフォン保有率は前回(第5回調査、2013年2月実施)と比較して+0.5ptとなる46.1%と、スマートフォンの普及がさらに進んでいることがわかった。

 また、第6回の結果を元に、「スマートフォンユーザーのSNS利用」に関する特別分析レポートを発表。スマートフォンユーザーを対象にSNSの利用実態を調査したところ、スマートフォンでのSNS利用経験率は73.1%であることがわかった。

 利用頻度を見ると、「1日に1回以上」スマートフォンでSNSを利用する人は、全体43.4%にのぼり、10代が84.2%、20代が56.7%と若年層で特に高い傾向にある。また、SNSのPC・スマートフォン別の利用経路を見ると、「スマートフォンのみでSNSを利用」する人は全体の20.1%で、10代で40.1%、20代で33.9%と頻度同様、若年層で高い傾向にあることが明らかになった。

 スマートフォンでSNSを利用したことがある人は全体の73%で、特に10代、20代で高く、9割を超えている。スマートフォンでのSNS利用頻度は、1日1回以上利用する人は全体の43%だった。その中でも特に10代、20代で高い。

 ネット上にプライベートな情報を公開することへの抵抗感について聞いたところ、スマートフォンを利用するようになって、プライベートな情報の公開に「抵抗がなくなった」人は約20%で、「変わらない/抵抗がある」とする人が最も多く、73%だった。年代が低いほど、「抵抗がなくなった」と回答する人が多い傾向にある。

《浦和 武蔵》

関連記事