広告

スタイリスト望月唯の"代官山のお土産屋さん”「HAICARA」オープン

「HAICARA」店内
2013年8月12日(月) 17時00分 提供元: Fashion Headline
「HAICARA」店内
「HAICARA」店内
「HAICARA」店内
「HAICARA」店内
フィッティングルームはサーカスのテントをイメージして手作りされたもの
フィッティングルームはサーカスのテントをイメージして手作りされたもの
代表の小原展孝氏(左)とディレクターの望月唯氏(右)
代表の小原展孝氏(左)とディレクターの望月唯氏(右)
「mythography」のシューズはシューキーパー付、手前は「H? katsukawa from Tokyo」×「ハウル」のシューズ
「mythography」のシューズはシューキーパー付、手前は「H? katsukawa from Tokyo」×「ハウル」のシューズ
「H? katsukawa from Tokyo」のシューズ
「H? katsukawa from Tokyo」のシューズ
世界の都市がモチーフの、「ロリンザ」のトートバッグ
世界の都市がモチーフの、「ロリンザ」のトートバッグ
キャンドル・ジュンが自ら削り出して制作した「ハイカラ」オリジナルキャンドル
キャンドル・ジュンが自ら削り出して制作した「ハイカラ」オリジナルキャンドル
「フミサンガ」のミサンガ
「フミサンガ」のミサンガ
「フミサンガ」のミサンガ
「フミサンガ」のミサンガ
ヨーロッパの蚤の市で買い付けたビンテージ雑貨も豊富
ヨーロッパの蚤の市で買い付けたビンテージ雑貨も豊富
アイウエアはアメリカのビンテージ
アイウエアはアメリカのビンテージ
蚤の市で買い付けた灰皿などの雑貨
蚤の市で買い付けた灰皿などの雑貨
「ダイグルミ」のぬいぐるみ
「ダイグルミ」のぬいぐるみ
「HAICARA」エントランス
「HAICARA」エントランス
「HAICARA」入口に飾られた、リチャード・アヴェドンのポスター
「HAICARA」入口に飾られた、リチャード・アヴェドンのポスター
「HAICARA」外観
「HAICARA」外観
窓の外の植え込みには動物たちが遊ぶ
窓の外の植え込みには動物たちが遊ぶ
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション
ハウル 13-14AWコレクション

スタイリスト望月唯は6月、友人の小原展孝と共にセレクトショップ「ハイカラ(HAICARA)」(東京都渋谷区恵比寿西1-31-14グリーンマンション102)をオープンした。コンセプトは「代官山のお土産屋さん」。ファストファッションや百貨店には無い、“自分たちが 本当に面白いと思ったモノ”を集めた店を目指し、望月の友人であるデザイナーやスタイリスト、クリエーター達が手掛けたアイテムやビンテージ雑貨が集まっている。

ウエアやシューズは望月が、雑貨は小原がセレクトを担当。2人は20年来の友人同士で、1年前より物件を探していたという。

同ショップでは、望月が手掛けるブランド「ハウルアンドアナザーポエム(HOWL and another poem)」のフルラインをそろえる。今秋冬は、「NEW CLASSIC(ニュー・クラシックス)」をテーマに、新しいアメカジスタイルを提案。「ヨシオクボ(yoshio kubo)」とのM65ジャケットや、「タイシノブクニ(TAISHI NOBUKUNI)」とのセットアップ、アートディレクターの梅沢篤とのTシャツ、「スズキタカユキ(suzuki takayuki)」とのスカーフ、ウィメンズの「ローブス&コンフェクションズ(Robes & Confections)」とのシャツなど様々なブランドとコラボしたアイテムを制作した。

ウエアとシューズはメンズをメインに扱う。「ポールハーデン(Paul Harnden)」で修業した勝川永一によるブランド「エイチ ・カツカワ・フロム・トーキョー(H? katsukawa from Tokyo)」やシューキーパーがセットになった宮城秀貴による「ミソグラフィー(mythography)」のシューズ、「ブランクス(BLANKS)」のハンドステンシルを施したビンテージTシャツなどをセレクト。

また、ヨーロッパの蚤の市で買い付けてきた、モロッコ製のリネンラグやビンテージのアイウエアなどの雑貨、キャンドル・ジュンのオリジナルキャンドルや、モデルのフミ(fumi)が世界中を旅して集めたパーツで作る「フミサンガ(Fumisanga)」のミサンガやぬいぐるみ作家の「ダイグルミ(daigurumi)」のぬいぐるみなど、ユニセックスで使えるアイテムも並ぶ。

エントランスには、望月自身のコレクションであるリチャード・アヴェドンのポスターやエゴン・シーレの絵が飾られる。内装は、「SOUVENIR OF THE CIRCUS(サーカス小屋の土産屋さん)」がテーマ。1950年代のアンティークの旗が天井を横断する。フィッティングルームは、サーカスのテント小屋をモチーフにした赤と白の手作りテントだ。ハンガーラックは目黒のアンティーク家具店「コウセイ・ヴェアクシュタット(Kousei Werkstatt)」が手掛けている。

《奥麻里奈》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告