Uターンラッシュ、16日から18日も各地で30キロ以上の渋滞

日本道路交通情報センター
2013年8月17日(土) 13時00分 提供元: リセマム
日本道路交通情報センター
日本道路交通情報センター
NEXCO中日本、渋滞情報
NEXCO中日本、渋滞情報

 日本道路交通情報センターが発表している「夏の観光地の道路交通情報」によると、8月15日のピークに引き続き16日から18日までの3日間も30キロ以上の渋滞が予測されている。

 16日は、14時ごろから関越自動車道(上り)の高坂サービスエリア付近で35キロ、中央自動車道(上り)の小仏トンネル付近で30キロ、15時ごろから東名自動車道(上り)の大和トンネル付近で30キロの渋滞が予測されている。

 17日は、9時から東北自動車道(上り)の福島トンネル付近で30キロ、11時から東名自動車道(上り)の大和トンネル付近で35キロの渋滞。また、18日も東名自動車道(上り)の大和トンネル付近と関越自動車道(上り)の高坂サービスエリア付近で30キロの渋滞が見込まれている。

 なお、16日の12時現在の情報によると、東北自動車道(上り)の福島トンネル付近10キロ、関越自動車道(下り)の高坂サービスエリア付近で11キロの渋滞となっている。

《湯浅 大資@リセマム》

関連記事