よく購入する水産缶詰ブランドと缶詰の中身は何?

水産缶詰ブランドのランキング
2013年8月28日(水) 12時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
水産缶詰ブランドのランキング
水産缶詰ブランドのランキング
7月1日から8月11日までの調査で、7月31日以降、「さば缶」の購入率が上がった
7月1日から8月11日までの調査で、7月31日以降、「さば缶」の購入率が上がった
購買理由は「魅力的な商品特徴」、「価格がお手頃」、さば缶に関するテレビ放送後「さば缶」は「試し買い」が大幅アップ
購買理由は「魅力的な商品特徴」、「価格がお手頃」、さば缶に関するテレビ放送後「さば缶」は「試し買い」が大幅アップ
購入決定要素となった商品特徴は「味」、「量・大きさ」、「食べやすさ」
購入決定要素となった商品特徴は「味」、「量・大きさ」、「食べやすさ」

 ソフトブレーン・フィールドは「水産缶詰」に関する調査を約1か月間実施し、1,801の購入レシートデータ(男性:642レシートデータ、女性:1,159レシートデータ)から、調査結果を発表した。

 今回の調査で、ブランド別に水産缶詰の購入状況を調べたところ、以下のような結果になった。

 ■水産缶詰のブランド別ランキング
 第1位:はごろもフーズ
 第2位:マルハニチロ食品
 第3位:PB (プライベートブランド)
 第4位:極洋
 第5位:いなば食品
 第6位:日本水産
 第7位:宝幸
 第8位:田原缶詰
 第9位:ほていフーズ
 第10位:富永貿易

 また、水産缶詰の中身に関する調査で、購入割合がもっとも高かったのは「さば缶」で、次いで「かつお・まぐろ缶」、「さんま缶」という結果だった。

 なお、今回の調査は7月1日から8月11日の約1か月間に実施したものだが、7月31日の時点で、「さば缶」の購入割合が前日の25%から46%になり、2倍近く増加したという。この理由として、一部のテレビ番組で「さば缶」を食べると痩せるという情報が放送され、購入者が増えた可能性があるとのこと。今回の調査に協力した人のコメントの中には、『テレビでさば缶が健康に良いと放送されたあと、店頭で(さば缶が)目立っていた』というものがあったという。

 このほか、さば缶とかつお・まぐろ缶の購買理由を調査したところ、「価格がお手頃だったから」、「魅力的な商品特徴があったから」と答えた人の割合が高くなっており、『安い、体に良いDHA、EPAが入っているので購入した(60代・男性)』、『缶詰ならすぐ食べられて便利で保存もきくので。安売りしていたのが決め手(30代・女性)』などのコメントがあった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事