10代の少年少女が憧れるアスリートといえば?

スポーツは好きですか?
2013年9月6日(金) 11時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
スポーツは好きですか?
スポーツは好きですか?
よくやっているスポーツは何ですか?
よくやっているスポーツは何ですか?
世界レベルで行なわれているスポーツで近くで見てみたいものは何ですか?
世界レベルで行なわれているスポーツで近くで見てみたいものは何ですか?
好きなスポーツ選手は誰ですか?
好きなスポーツ選手は誰ですか?

 すららネットでは、「スポーツに関する意識調査」を小学1年生から高校3年生までの男女に実施した。

 小中高生を対象にスポーツが好きか聞いたところ、「好き(「好き」71.0%+「どちらかと言えば好き」18.1%)」が89.1%で約9割となった。男女別では、「好き(「どちらかと言えば好き」を含む)」と回答したのが、男子では93.3%、女子では84.1%と、男子の方が女子より9.2ポイントほど、スポーツ好きの割合が多い結果となった。

 小中高生がやっているスポーツ1位は「バスケットボール」(11.0%)、2位「サッカー」(10.7%)、3位「野球・ソフトボール」(10.5%)で、トップ3を球技が占める結果となった。男女別では、男子のトップ3は1位「サッカー」(31.1%)、2位「野球・ソフトボール」(29.3%)、3位「バスケットボール」(22.7%)に、女子は1位「バトミントン」(23.3%)、2位「水泳」(21.7%)、3位「バスケットボール」(20.6%)という結果になっている。

 スポーツ選手になりたいか、との問いでは、「なりたい(「なりたい」28.3%+「どちらかと言えばなりたい」24.4%)」が52.7%と半数以上がスポーツ選手になりたい、と夢を抱いている事がわかった。男女別で見てみると「なりたい(「どちらかと言えばなりたい」を含む)」の回答が、男子では69.8%、女子では32.3%となり、2倍の差が出ていることから、スポーツ選手志向は圧倒的に男子が高いようである。

 スポーツ観戦が好きか、との質問においては、「好き(「好き」55.6%+「どちらかと言えば好き」30.2%)」が85.8%と、8割以上がスポーツ観戦好きと回答している。男女別においても、「好き」の回答が、男子では90.2%、女子では80.4%となり、9.8ポイントの差が見られるものの、男女とも8割以上が好きと回答している。

 世界レベルで行われる競技を間近で見たいか、との問いでは、見たい(「とても見たい」56.8%+「見たい」21.0%+「どちらかと言えば見たい」11.8%)が89.6%と、約9割の小中高生が世界レベルの競技を間近で見たい、と回答した。

 さらに、世界レベルで行われているところを間近で見たいスポーツは何か聞いたところ、1位「サッカー」(38.2%)、2位「野球・ソフトボール」(35.5%)、3位「水泳」(22.9%)という結果となった。「サッカー」と「野球・ソフトボール」は、前述の通り、小中高生のやっているスポーツトップ3に入っており、「水泳」も4位にランクインしていることから、自分もやっているスポーツの、世界レベルのプレイを間近で見たい、と考えたと思われる。

 小中高生の好きなスポーツ選手では、イチロー選手、浅田真央選手、北島康介選手がトップ3となった。イチロー選手は日米通算4,000本安打を達成し、浅田選手・北島選手とも国際大会で何度も表彰台に上がるなど、世界的に活躍している選手が上位にランクインする結果となった。

《浦和 武蔵》

関連記事